【2021年】ヨガマットのおすすめ厳選2選【徹底調査・誰にでもおすすめの2商品】

ヨガ・ピラティス・筋トレをするときの必須アイテム、ヨガマット。リングフィットアドベンチャー用のものを探している人もいるでしょう。「マンドゥカ」「スリア」「ヨガワークス」「ルルレモン」など専門ブランドから、「アディダス」「ナイキ」などフィットネス専門ブランドで販売されているうえ、ニトリなど小売店でも見かけます。ロールタイプや折り畳みタイプと種類も豊富で、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

今回はAmazonで売れ筋上位のヨガマットを比較して、最もおすすめのヨガマットを決定したいと思います。

比較検証は以下の3点について行いました。

  1. グリップ力
  2. クッション性
  3. 手入れのしやすさ

目次

検証① グリップ力

まずは、ヨガや筋トレを行う際にチェックしておきたい、滑りにくさが分かる「グリップ力」の検証です。手や足に人工汗液をつけた状態と、つけていない状態でヨガと筋トレを行い、どのマットが滑りにくいのかチェックしました。

クッション性

検証② クッション性

次に、膝や肘などを守るために大切な「クッション性」の検証です。男女3名のモニターにヨガと筋トレを行ってもらい、どのマットがクッション性に優れているのかチェックしました。

手入れのしやすさ

検証③ 手入れのしやすさ

最後に、快適にヨガマットを使い続けるうえでチェックしておきたい「手入れのしやすさ」の検証です。ほこりに見立てた小麦粉と、汗に見立てた人工汗液をマットに吹きかけ、柔らかい布で10回拭いた前後の状態を比較しました。

ヨガマットの選び方

ヨガマットを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「6つのポイント」をご紹介します。

① 使用目的によってマットの厚さを決めよう

ヨガマットは3mmから15mmのものまでさまざまな厚さのものが販売されています。使用目的に合わせた選び方をチェックしていきましょう。

ヨガも筋トレもしたい人は、厚さ5〜6mmのマット

ヨガも筋トレもしたい人は、厚さ5〜6mmのマット

ヨガも筋トレも楽しみたい人には、厚さ5〜6mmのマットがおすすめ。

ヨガのポーズや筋トレのフォームを安定させやすい、適度なクッション性とグリップ力のあるものが多い傾向です。

また、丸めたときの直径は約13cmとコンパクトなので、外出先へ持ち運びたい人にも適しています。

今回の検証では、クッション性は6mmのマットが好評で、グリップ力は5mmのマットが評価されました。

クッション性とグリップ力のどちらを重視するかで、5mmか6mmか決めるとよいでしょう。

ストレッチ中心の人や、肘・膝の違和感が気になる人は、厚さ10mm以上のものを

ストレッチ中心の人や、肘・膝の違和感が気になる人は、厚さ10mm以上のものを

厚さ10mm以上のマットは、主にストレッチを行う人に向いています。

厚みがあるぶんクッション性が高いので、肘や膝をマットについても痛くなりにくいことが魅力です。

丸めたときの直径は約30cmとかさばるため、持ち運ぶのは向いていませんが、自宅で使用するぶんには問題ありませんよ。

持ち運ぶ場合は、厚さ3〜4mmのものが手軽。折り畳みタイプも

持ち運ぶ場合は、厚さ3〜4mmのものが手軽。折り畳みタイプも

厚さ3〜4mmのマットは軽量で、持ち運びに適しています。丸めたときの直径は約10cmと細いため、収納する場合もかさばりません。

なかには、カバンにしまうことができる折り畳みタイプも。

ただし今回の検証では、クッション性もグリップ力も物足りないという結果になったため、あくまで持ち運び用として購入することをおすすめします。

屋外で使用する場合は、洗える素材のヨガラグも便利。下記のリンクもチェックしてみてくださいね。

② 素材によって異なる特徴をチェック

ひとくちにヨガマットと言っても、種類はさまざま。素材の特徴を知って、こだわりたいポイントに合ったものを選んでくださいね。

クッション性を求めるなら、TPE素材とEVA素材がおすすめ

クッション性を求めるなら、TPE素材とEVA素材がおすすめ

TPE素材とEVA素材は、軽量かつ水洗いができるため、外出先での使用に便利です。

今回の検証で高いクッション性が評価されたのは、厚みに関わらずTPE素材とEVA素材のものが多く、「もちもちしていてやわらかい」と好評でした。

ただしグリップ力の検証では、人工汗液をつける前後ともに滑りやすい結果となったため、汗が流れ落ちるような激しい運動には不向きといえます。

素材自体は水洗い可能ですが、劣化防止のために水洗いを非推奨しているものもあります。

長持ちをさせるためにも、メーカーが推奨している方法でお手入れを行ってくださいね。

グリップ力重視の人には、ポリウレタン素材マットがぴったり

グリップ力重視の人には、ポリウレタン素材マットがぴったり

グリップ力重視なら、ポリウレタン素材のヨガマットがおすすめ。

傷つきにくく、摩耗による劣化が少ないところも特徴の1つです。

今回の検証では、人工汗液をつけた状態でもまったく滑らず、グリップ力の項目で満点を獲得しています。

また、手入れのしやすさの検証でも高評価に。さっと拭くだけできれいに汚れを落とせるため、お手入れも簡単ですよ。

ただし、比較的重いため、持ち運ぶには大変でしょう。

価格重視なら、比較的安価なPVC素材のものを

価格重視なら、比較的安価なPVC素材のものを

できるだけ安いヨガマットを探している人は、PVC素材のものを検討してみましょう。

グリップ力やクッション性は優れているとまでいえませんが、使用するうえで問題のない範囲です。

今回の検証では、PVC素材特有の凹凸のくぼみに汚れが溜まりやすいことが判明。しっかり汚れを落とすには、念入りに掃除機で吸い取る必要があります。

また、摩耗や水に弱く劣化しやすいため、長く使いたい人は避けた方が無難ですよ。

い草の香りが心地よい、畳素材のマットも

い草の香りが心地よい、畳素材のマットも

「い草」を使用している畳素材のマットは、自然の香りを感じて気持ちをリラックスさせたい人におすすめ

畳の模様が滑り止めになり、グリップ力を必要とするヨガのポーズもとりやすいでしょう。

ただし今回の検証では、膝や肘をマットにつくと畳の跡が肌に残ってしまうことと、畳の溝に汚れが溜まってしまうため手入れがしにくいことが難点でした。

静的ヨガやストレッチをする場合は、膝や肘をつく場所にタオルやクッションを敷くとよいですよ。

畳素材のヨガマットは、環境にやさしい点が魅力。

ほかにも、土に還るヨガマットという商品が「マンドゥカ」「ハガーマガー」から販売されています。自然派志考の人は、ぜひチェックしてください。

③ グリップ力が高まる、裏地の滑り止め加工に注目

グリップ力が高まる、裏地の滑り止め加工に注目

裏地に滑り止め加工がされているものなら、大きく体重移動をしたり、激しく動いたりしても床からマットがずれません

滑り止め加工がされていないものは、体重をかけるとマットごと床からずれてしまったため、今回の検証ではグリップ力の項目で「ポーズを保ちにくく扱いにくい」と評価されました。

動的ヨガや、自重トレーニング用のものを探している人は、裏地の滑り止めの有無をチェックしてから購入しましょう。

④ 手入れのしやすさ重視で選ぶなら、模様や凹凸のないマットが好適

手入れのしやすさ重視で選ぶなら、模様や凹凸のないマットが好適

模様や凹凸のないマットは、手入れがしやすい利点があります。

今回の検証では、模様や凹凸のあるマットは汚れや汗が溜まってしまい、乾拭きだけでは落としきれないという結果に。

衛生面が気になる人は、マットの表面がどのようになっているかを確認しましょう。

⑤ 仰向けになってもはみ出ない、身長より長さがあるものを

仰向けになってもはみ出ない、身長より長さがあるものを

頭からつま先まですっぽり入るくらい、身長より長さがあるものを選びましょう

ヨガマットの長さは、160〜180cm台と商品によって異なります。

長さが足りないと、大きく足を開くポーズや、プランクなどの自重トレーニングでマットから身体がはみ出てしまうことも。

なお、ヨガマットの幅は60〜66cm程度と大きな差はないため、購入の際は長さを中心に選んでよいでしょう。

⑥ 収納や携帯に便利な、ケース・ストラップにも注目

収納や携帯に便利な、ケース・ストラップにも注目

ケースやストラップが付属しているものを選べば、持ち運びがスムーズなうえ、収納にも便利。

とくに1kg以下の軽量のマットは、巻きが崩れやすい傾向があるので、ケースやストラップはマストアイテムです。

付属していなければ、単体で購入しましょう。以下の記事で詳しくご紹介していますので、気になる人はチェックしてみてください。

最後に品質・評判・口コミが良いヨガ・ストレッチポールを厳選して2つご紹介します!

  1. Waways 【2021年度版】 ヨガマット トレーニングマット ピラティスマット エクササイズマット (¥2,499) 評判・口コミ・売れ筋・コスパなど総合的にNo.1のヨガマットです◎ 初心者向けおすすめヨガマットです。
  2. WeMe ヨガマット 多機能 エクササイズマット (¥2,599)こちらも初心者におすすめの定番人気ヨガマット◎

Waways 【2021年度版】 ヨガマット トレーニングマット ピラティスマット エクササイズマット (¥2,499)



評判・口コミ・売れ筋・コスパなど総合的にNo.1のヨガマットです◎
初心者向けおすすめヨガマットです。

商品詳細


➤➤➤【クッション性抜群】弊社の2020年度版ヨガマットはクッション性と弾力性に特化した厚さ1cmで、ポーズの維持や体への負担や痛みを軽減し、ヨガ、ピラティス、ストレッチ、体幹トレーニング(腹筋、背筋など)の運動する時に床が固くても背、膝や肘などが痛くなりにくく、また、器具などの下に敷けば床や豊の保護もおこなえます。マット本体は断熱構造の設計され、床面からの冷気や湿気を防ぎ、そのため、寝たときや膝立ちになったときにも快適な使い心地を体感できます。男女兼用で大人からこどもまで使用可能の商品です。

➤➤➤【高級素材 NBR&両面滑り止め構造】弊社のヨガメットはNBR (環境ゴムフォーム) という素材を採用され、超高密度ゴムで裂けにくく、耐久性や安定性が高くグリップ力も抜群ので、本格的に運動の時に長く愛用できる素材です。発泡構造により、衝撃を吸収し、激しい運動しても防音効果に果たします。マットの表面は摩擦に耐えられ、滑らない効果を発揮する横じま構造により、圧倒的なグリップ力があり、ヨガやトレーニングする時に手足の汗で滑りづらいためポーズがとりやすく、筋肉の使い方の発見につながります。無毒無害なので、肌さわり良く、環境にも友好的です。
                                                                      
➤➤➤【主流のサイズ&持ち運び便利】弊社のヨガマットは約183cm*61cmがあり、縦橫幅に余裕があり、男性や体の大きな方にも使いやすいです。どんなポーズにも対応できるロングサイズだからアンシンして動くことが出来ます。また、自宅、ジムや屋外に使用を対応するため、持ち運びや収納に便利な収納ケース付き、使用後もこもりにくく、衛生的に保管できます。フィットネスやヨガを初めたばかりの初心者から、インストラクターなどプロ方まで、長く愛用していただけます。                                                                       .
➤➤➤【お手入簡単&多様な用途】ヨガマットは優れた耐水性能のデザインされ、水分を弾き、汚れが浸透しにくい、汗も汚れもタオルなどで簡単に拭き取るだけで、お手入れが完了します。細菌が繁殖するの場合を有効な防止します。また、屋外ピクニック、パーティー、キャンプ、ビーチでの休暇、ベビークロール、子供用ゲームや高齢者のフィットネスにも使用することができます。 ※本品は密封状態で梱包しているため開封時に製品特有のにおいがあります。開封後はにおいが徐々に軽減されます。                                                                       

➤➤➤【よい耐久性] 】長年使用しても劣化しにくいため、ヘビーユーザーにもおすすめです。超高密度ゴムを多重構造することにより、高いクッション性と耐久性、耐衝撃性を実現しています。ヨガマットとしてだけでなく、運動前のストレッチや筋肉トレーニング、日常使いのフロアマットとしても使用できる、柔らかくてクッション性の良いマットです。

購入者レビュー

▫️コスパの良い商品 ★★★★★

使用から2週間ほど経ちました、初めての品物なので比較対象がないですが所感をお伝えします
・手軽に環境を整えられてトレーニングの習慣化が可能
→広げるだけで、環境が整えるのでトレーニング開始へのハードルが下がります

・分厚いマット
→体重65kg程度の男性ですが、クランプ等で大きく「肘」に体重がかかっても痛みが出ることはありません

・保管用のバンド
→こちらが地味に良かった点ですが、使用しない間は巻いて収納しますが「広がってこないように」バンドがついています、無駄なスペースを取ることなく保管できます
(毎回になるので中には使用が煩わしい方がおられるかもしれませんが、個人的には満足な点です)

・ニオイ
→こちらは唯一のデメリットと言っても良いかもしれませんが、届いたばかりのころは若干のニオイが気になります、ただ、素材に寄るよるところが大きそうで使用に伴い違和感はなくなりました

こういった商品は数多くの種類があるので、選ぶのが面倒という方は買っておいて損はしないと思います

Amazon公式サイトより

▫️使い心地抜群です。 ★★★★★

以前はジムに通っていたのですが、忙しくなり運動不足が気になっていた所、このマットを知り自宅で時間のある時に使おうと購入しました。どの床に置いてもしっくり収まり程好い厚みと弾力で身体を支えてくれます。今は娘の方が毎日愛用していて腹筋などしています。簡単に片付けられるし保管場所もスペース要らずで買って良かったと思います。知り合いにも勧めます。

Amazon公式サイトより

購入サイト

WeMe ヨガマット 多機能 エクササイズマット (¥2,599)

こちらも初心者におすすめの定番人気ヨガマット◎

商品詳細


・[柔軟ヨガマット]われわれはNBR(環境ゴム泡沫)と呼ばれる材料を使用しています。この材料は柔らかくて身体にぴったり合います。 それに、優れた弾性もあります。従いまして、どんな訓練方法をしてもバランスを保持できます。この材料は大部分の振動を吸収する特性があります。 従いまして、階下の部屋に心配せずにお宅でお気軽にトレーニングできます。
・[筋トレマット}トレット耐スリップ能力(四肢の発汗、滑り止め能力は低下していても)、接着性、耐衝撃性、耐摩耗性、引き裂き抵抗を有する。
・[サイズ] 183 * 61 * 1cmの厚たためるヨガマット使用中にあなたがより快適になることを可能にする、彼はあなたの体を守るのが非常に良い気分にさせないでしょう。 それはさまざまなスポーツ(ヨガ、ピラティス、トレーニング、フィットネス、ストレッチなど)に十分なスペースを提供します。ヨガマットの魅力を感じさせてくれます
・[ヨガマット 軽量]このヨガマットはわずか850グラムです、デザインはコンパクトで、店舗が簡単です。
・[品質保証]この製品には1年間の品質保証があります。 あなたが受け取った製品があなたの注文と異なる、または最初の障害のような問題があるならば、またはあなたが他の質問があるならば、私達に連絡してください。 売り手に連絡することでお問い合わせください。

購入者レビュー

▫️問題ありません ★★★★★

使っているのは妻ですが、以前の使い古したマットより格段によくなっているとのことでした。
確かに以前のものより感触は柔らかいのに、強さ、滑りにくさを感じます。

Amazon公式サイトより

▫️クッション性があり体に負担をかけにくい ★★★★★

柔らかい上にクッション性があるので、体への負担が少なく快適にヨガやストレッチができます。
女性でも無理なく持てる重さで、持ち運び用のゴムも付属されているのでまとめて移動しやすいです。
重宝していきます。

Amazon公式サイトより

購入サイト

【おわりに】ヨガ・ストレッチ用ポールのおすすめ2選

  1. Waways 【2021年度版】 ヨガマット トレーニングマット ピラティスマット エクササイズマット (¥2,499) 評判・口コミ・売れ筋・コスパなど総合的にNo.1のヨガマットです◎ 初心者向けおすすめヨガマットです。
  2. WeMe ヨガマット 多機能 エクササイズマット (¥2,599)こちらも初心者におすすめの定番人気ヨガマット◎