[Swift5] whereの簡単な使い方

本記事ではSwiftのwhereの使い方をざっくりと解説していきたいと思います。

環境: Swift5.0

◾︎あわせて読みたい記事↓↓

✔︎Swift・アプリ開発の勉強法を現役エンジニアがまとめた【おすすめサイト・サービス10選】

Swift・アプリ開発の勉強法を現役エンジニアがまとめた【おすすめサイト・サービス9選】

whereとは

whereはある条件でデータを集めたい時に使えるものです。書き方は、、

where 条件

whereの後に指定したい条件をつけます。

以下で具体的なwhereの使い方をみていきましょう。

for文で使ってみる

numbersの値の中から偶数だけwhereを使って取り出しています。

num % 2 == 0 のところで偶数だけ取り出すようにしています。

以上Swiftのwhereの簡単な使い方でした。

参考: