[java入門] while文で処理を抜ける

javaのwhile節は繰り返し処理を行いたい時に使います。

while文で特定の条件の時に処理を抜けたい時に使うのは、

continuebreakがあります。

1つずつ説明します。

while文で処理を抜ける①break

上のコードは、

numが10以下の時に処理を繰り返すwhile文です。

0から始まり、4までは結果に出力されています。(数字は4ですという文)

5になると(if num == 5)、

break; が実行され、処理を中断してwhile節を抜けています。よって5以降は出力されていません。

while文で処理を抜ける②continue

continueもjavaのwhile節で処理を抜けたい時に使います。

numが10以下の時に処理を繰り返すwhile文です。

numが5になると(if num == 5)、処理をせずにnumが6になっています。

breakとの違いはここです。

breakは処理を中断し、while節を抜けているのに対して、continueは処理を抜けますが、while節自体は続きます。

まとめ

javaのwhile節では、breakとcontinueを使うと処理を中断することができます。breakはwhile節の繰り返し処理をその場で終わらせるのに対して、continueはその繰り返しは中断しますが、while節の繰り返し自体は続けます。

参考: The while and do-while Statements

こちらの記事もおすすめ