[初心者向け] Swift if文の使い方

Swiftのif文は条件によって処理を分けたい時に使います。

本記事では、if文の代表的な使い方を、簡単なソースコード付きで解説していきます。

本記事ソースコードのSwiftのばバージョン
Swift: 4.2

Swiftのif文の使い方

if a == b (aとbの値が同じ時)

if a != b (aとbの値が異なるとき)

if a > b (aがbよりも大きいとき)

if a < b (aがbよりも小さいとき)

if a >= b (aがb以上であるとき)

if a <= b (aがb以下であるとき)

if 条件a && 条件b (条件a,bともに成り立つとき)

if 条件a || 条件b (条件aかbのどちらかが成り立つとき)

おわりに

以上簡単ではありますが、Swiftのif文の基本的な使い方をパターン別で解説しました。

参考:
https://swift.tecc0.com/?p=359
https://qiita.com/KentaKudo/items/a1dd2eb0bf37302c1c81