リチャード ブランソンの半生がわかる本・記事・動画20選まとめ!【高校中退から資産5,000億超え】

リチャードブランソンの半生がわかる本・記事・動画を20個まとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください!

◆本記事と一緒に読みたい記事

リチャード ブランソンの半生がわかる本9冊

リチャードブランソン氏の半生がわかる本を9冊紹介します

1. ヴァージン・ウェイ R・ブランソンのリーダーシップを磨く教室 

内容
「あす死ぬと思って生きなさい。ずっと生きると思って学びなさい」

 マハトマ・ガンジーは私の永遠のヒーローだが、確か学校の歴史の授業で習った彼のこの言葉がいまだに耳を離れない。
 16歳のときに創刊した『スチューデント』という雑誌に始まり、最近では宇宙旅行のヴァージン・ギャラクティック社まで、私はいろいろなベンチャー事業を手がけてきたが、そのなかで常に座右に置いてきた哲学がある。すなわち、「新しいビジネスやプロジェクトに心が躍らず、起業家スピリットや革新マインドが刺激されないとき、クリエイティブな喜びを味わいつつ、それで世界を変えられると感じられないときには、さっさと見切り をつけ、もっと心躍る別のプロジェクトに目を向ける」。

 学校では先生と波長が合わなかった私だが、学校をやめて独立すると、「聴く力」を磨かざるをえなくなった。『スチューデント』誌では「新米記者」の仕事もこなさなければならないから、誰かにインタビューするとき、ほとんど判読不能な文字でメモをとりながら熱心に耳を傾けるしかない。相手がジョン・レノンであれジョン・ル・カレであれ、同時に聴き、書き、次の質問を考える技術を早急にマスターする必要があった。なんだか「皿回し」みたいだ。すべての皿を回しつづけていないと一巻の終わりである。でも腰を据えて耳を傾ける力は、私の人生の救いになった。「聴く」というのは、いまや世の中から消えゆく技能にも思えるが、教師、親、リーダー、起業家にとって最も大切なスキルの一つだと私は思う。いや、血の通う人間ならすべからくそのスキルを必要とするにちがいない。

 われわれのグループ各社をめぐって「ヴァージン・ウェイ」という言い方がされるけれども、これは創業1日目からずっと進化してきたものである。ほかの会社からわがグループに転職してきたばかりの人が、(だいたいは非常にインフォーマルな)戦略ないし製品会議に初めて参加し、「なんだかやり方が全然違いますね」と漏らしたとき、ほほ笑みと訳知り顔のウィンクとともに、たいてい次のような答えが返ってくる。
「ええ、そいつがヴァージン・ウェイですよ」

 本書を読めばきっとおわかりいただけると思うが、われわれの「ウェイ」すなわち仕事のしかたで大事なのは、黙って聴くこと、それが一つである。何か意見がある人すべての話に熱心に耳を傾ける。「自称専門家」は当てにしない。それから、互いに学び、市場から学び、失敗(まったく新しいことをするためにはつきもの)から学ぶこと。そして、たぶん一番重要なのは、文字どおり楽しむこと。
 人になんと言われようがわが道を行く、それも大いに楽しみながら――そんな信念を持つあなたは、すでに正しい方向へ進んでいる。たぶん誰にもその進路は変えられないだろう。もっともっと聴くことだ。話すよりも聴くことだ。情熱を前面に出すことを恐れる必要はない。そして、迷ったときは自身の直感を信じよう。

◆ヴァージン・ウェイ R・ブランソンのリーダーシップを磨く教室

2. ヴァージン―僕は世界を変えていく

内容
階級社会のイギリスで、学歴もなく、ヒッピーのようなライフスタイルを貫きながら、起業家として「アメリカン・ドリーム」を実現し、万人から愛され続ける男・ブランソンが初めて語った痛快自伝。

◆ヴァージン―僕は世界を変えていく

3. ライク・ア・ヴァージン

内容
ビジネススクールはすてきなところだ。でも、もし行っていたら、今の自分はなかっただろう──。
常に世の中に変革を生むヴァージンの総帥、リチャード・ブランソンはこう振り返る。ヴァージンの経営は、しばしば「世間の常識」とは逆を行く。だからこそ、ユニークで、顧客の心に響くサービスを提供できる。若くして型にはまった経営を学んでいたら、世間をあっと驚かせるアイデアを次々と生み出すことはできなかったかもしれない。本書には、ブランソンが実践で積み重ねてきたヴァージン流経営のコアが凝縮されている。

◆ライク・ア・ヴァージン

4. ヴァージン流-世界を変える非常識な仕事術 

内容
人生一度きり。
楽しくなければ仕事じゃない!

世界有数の企業グループを一代で築き上げたリチャード・ブランソンが、自身の経験をもとに「成功の7つの要素」を語り尽くす!

雑誌からスタートし、音楽、航空会社、鉄道、金融、携帯電話、フィットネスクラブ、飲料、ラジオ・出版等メディアをはじめ、宇宙旅行やチャリティを目的とする財団まで300を超える関連企業を擁し、約2兆円の年間売上高を稼ぎだすヴァージン・グループ。
イギリス、アメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、ナイジェリア、ケニア、南アフリカ、中国、インド等々、文字通り地球規模で事業を展開している。
世界有数の企業グループを一代で築き上げたリチャード・ブランソンは、いかにしてこの唯一無二の仕事を成し遂げたのか?

今明かされる、ヴァージン・グループ成功の極意!

◆ヴァージン流-世界を変える非常識な仕事術

5. やればできる―人生のレッスン

内容
努力を怠れば、ゴールにはたどり着かない。だから、まずは最初の一歩を踏み出してみよう。

17歳で高校退学、20歳でヴァージンレコード設立。
世界屈指の起業家・冒険家が、人生とビジネスで成功するための秘訣を綴る。

◆やればできる―人生のレッスン

6. 知の英断 (NHK出版新書)

内容
「エルダーズ」が語る、これが世界の設計図だ
「戦争をしなかった唯一のアメリカ大統領」ジミー・カーター、50年続いたハイパーインフレを数か月で解消したフェルナンド・カルドーゾ元ブラジル大統領……ネルソン・マンデラのもとに集まった「知の長老たち」(エルダーズ)は世界の“困難”にどう立ち向かうのか。「核の問題をどうするか?」「国家の秘密は守られるべきか?」「日本は近隣諸国とどう向き合うべきか?」――現代最高の「知の実践者」6人が世界の課題と解決策について答える、大ベストセラー『知の逆転』に次ぐ第2弾!

[目次] 第一章 戦争をしなかった唯一のアメリカ大統領―ジミー・カーター
第二章 五〇年続いたハイパーインフレを、数か月で解消した大統領―フェルナンド・カルドーゾ
第三章 「持続可能な開発」と「少女結婚の終焉」―グロ・ハーレム・ブルントラント
第四章 「人権のチャンピオン」と「世界一の外交官」―メアリー・ロビンソン&マルッティ・アハティサーリ
第五章 ビジネスの目的は、世の中に“違い”をもたらすこと―リチャード・ブランソン

◆知の英断 (NHK出版新書)

7. マンガ リチャード・ブランソン

内容
飽くなき好奇心と行動力で“Virgin”を世界的企業に導いた冒険企業家!

◆マンガ リチャード・ブランソン (PanRolling library)

8. リチャード・ブランソン 勝者の法則―意思決定を速く、行動はもっと速く起こせ

内容
ブランドが、「一生の顧客」をつくる。ヴァージングループを創設し、世界的企業に育てたブランソンの成功哲学が、今、明らかになる。
ヴァージン・アトランティック航空など躍進を続けるヴァージン・グループ成功の秘密をリチャード・ブランソン本人の言葉を基に明らかにする一冊! 本人の自伝はすでに出版されているが、ビジネス書としてはブランソンの成功哲学を紐解く初の本である。
 ブランソンの経営手腕の凄さは、新規産業やスキマ産業ではなく、航空、小売、メディアなど既に成熟した既成産業で大企業と闘い世界的企業を創りあげた点にある。
 彼の成功法則の一例を挙げると、
●競争が生ぬるい市場にこそ、闘いを挑め 
●自らが広告塔になれば、宣伝効果は数倍になる 
●ブランドがあれば一生の顧客をつくれる 
●社員に何も強要するな、夢中にさせろ 
●ハウスボートからヴァージン帝国の指揮をとる 
●会社規模を小さくして社員の存在意義を明確に 
●自分が楽しむだけで有能な人材がついてくる等々。
 またブランソンは起業家、冒険家として英国人が最も憧れる人物である。経営者、ビジネスマン必読の一冊!

✔︎リチャード・ブランソン 勝者の法則―意思決定を速く、行動はもっと速く起こせ

9. ヴァージン・キング―総帥ブランソンのビジネス帝王学

内容
「空」に命を捧げてきた男たち。彼らは皆、無謀に、果敢に、夢へと挑み続けた…。冒険家にして英ヴァージングループ創設者・会長のリチャード・ブランソンが、「空」へ挑んだ男たちの歴史を語り尽くす。1950年英国生まれ。ヴァージングループ創設者・会長。実業家。音楽や出版の世界から航空産業にまで進出。

◆宙へ挑む

リチャード ブランソンの半生がわかる動画5選

リチャード ブランソンの半生がわかる動画5個紹介します!

1. リチャード・ブランソンの冒険心を育んだ母親の教育法

2. Sir Richard Branson, Founder of Virgin | The Brave Ones

3. Richard Branson’s MOTIVATIONAL SPEECHES

4. Richard Branson’s Top 10 Rules For Success – Volume 2 (@richardbranson)

5. Sir Richard Branson: Leading with Vision and Taking on Challenges

リチャード ブランソンの半生がわかる記事6選

リチャード ブランソンの半生がわかる記事を6個紹介します!

【まとめ】リチャード ブランソンの半生がわかる本・記事・動画10選!

以上、リチャードブランソンの半生がわかる本・動画・記事をまとめてみましたー!また近いうちに更新します