【2021年】初心者向けパターのおすすめ人気ランキング2選厳選【経験者が解説】

ゴルフには欠かせない、ボールを転がすための「パター」。初心者でもそろえる必要がありますが、キャロウェイやテーラーメイド、ミズノなどさまざまなメーカーから発売されており、それぞれに独自のテクノロジーが採用されています。形状や長さも異なり、種類がさまざまなのでどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、初心者の人におすすめできる、やさしく打ちやすいパターの選び方や、人気商品のランキングを紹介していきます!上手にパターを選んで、楽しくカップインを狙いましょう!

初心者向けパターの選び方

それでは、初心者がパターを選ぶ際に押さえておきたいポイントを順に見ていきましょう。

① ヘッドの形状をチェック!初心者にはL字型以外がおすすめ

ヘッドの形状は、ピン型・マレット型・ネオマレット型・L字型の4つに分けられます。ここでは、初心者には扱いが難しいL字型を除く3つの型に注目。それぞれの特徴を押さえておきましょう。

ピン型:ボールにあてやすく、コントロールしやすい

ピン型:ボールにあてやすく、コントロールしやすい

うまくボールにフェースをあてることができない人には、ピン型のパターがおすすめです。面長のピン型はターゲットを捉えやすく、ヘッドが小さいのでコントロールしやすいのが特徴。

ヘッドの先端側とシャフト側の2か所に重心があり、フェース裏側の打点部分が削られています。芯が広いため、さまざまな打ち方に対応しやすく、ミスショットをしにくいのも初心者におすすめのポイントです。

マレット型:ブレにくく、まっすぐ打ち出せる

マレット型:ブレにくく、まっすぐ打ち出せる

通称「かまぼこ型」とも呼ばれるマレット型は、初心者でもまっすぐボールを打ち出しやすいパターです。重心がヘッドの後方にあるため、ヘッドがブレにくく、ストロークが安定しやすいのがポイント。

また、ピン型よりもヘッドが重いので、ボールが転がりやすいという特徴があります。距離感のコントロールを身につけたい初心者におすすめです。

ネオマレット型:ヘッドが大きいためミスしにくい

ネオマレット型:ヘッドが大きいためミスしにくい

ネオマレット型はマレット型よりもヘッドが大きいため、より直線的なストロークがしやすく、ミスにも強いのが魅力です。

ただし、ヘッドが重い分繊細なタッチが難しいというデメリットも。柔軟なショットを打つことを重視する上級者よりも、まっすぐ引いてまっすぐ出すイメージでストロークを安定させたい初心者に向いています。
また、ネオマレット型はヘッドデザインが豊富なのも特徴ですが、どれもブレにくさやボールの転がりのよさを高めるための設計がされています。

② ネックの形状はクランクネックかベントネックを

ネックの形状はクランクネックかベントネックを

柄の部分とヘッドをつなぐネックは、クランクネックまたはベントネックが初心者におすすめです。
とくにクランクネックはボールを捕えやすい形状で、多くのゴルファーに選ばれています。ピン型に採用されていることが多く、重心位置が高いので、フェースの上部で打つ人におすすめです。

ベントネックは重心位置が低いため、フェースの下部で打つ人に向いています。

ヘッドの中心にシャフトがついたセンターシャフトは、しっかり芯にあてないとブレてミスしやすいため、初心者にはあまり向いていません。

③ グリップの太さは「普通」を選ぼう

グリップの太さは「普通」を選ぼう

グリップの太さは、細い・普通・太いの3種類あります。型によって太さを変えるのが一般的ですが、初心者は普通の太さのグリップを選ぶとよいでしょう。

普通の太さのグリップはすべての型に合うオールマイティなタイプで、余計な力が入りづらく打感を感じやすいため、パッティングのコツを掴みやすいのが魅力。

なお、ピン型は細いもの、マレット型や・ネオマレット型には太いグリップをあわせるのが一般的です。

④ 重みがあるとパッティングが安定しやすい

重みがあるとパッティングが安定しやすい

パッティングが安定しにくい初心者には、多少重みのあるパターがおすすめです。ある程度重みがあった方がブレにくく、ボールをまっすぐ出しやすくなります
なお、マレット型やネオマレット型は重く、ピン型は軽めのものが多いのが一般的。ピン型を選ぶ際は、なるべく重いものを選ぶとよいでしょう。

⑤ 長さ選びは、身長とアドレス時の前傾姿勢を参考に

長さ選びは、身長とアドレス時の前傾姿勢を参考に

人により身長も腕の長さもパッティングのスタイルも異なるので、一概に何インチがよいという答えはありませんが、長さを選ぶ際は身長とアドレス時の前傾姿勢を参考にするとよいでしょう。

160cmの人は32~33インチ、170cmの人は33~34インチ、180cmの人は34~35インチを目安に、アドレス時の前傾姿勢が浅い人は短め、深い人は長めのものを選ぶのがおすすめ。
また、短めだとショートパットが打ちやすく、長めだとロングパットが打ちやすいという傾向があります。

最後に初心者向けに品質・評判・口コミ、そしてコスパが良いパターを厳選して2つご紹介します!

  1. Wilson(ウイルソン) パター Wilson パター スチール メンズ HARMONIZED Putter II (¥3,133)売れ筋ランキング1位の超超コスパの良いパター。入門にはこれがベスト◎ 購入者からのレビューも非常に良い
  2. GMIZUNO(ミズノ) ゴルフクラブ パター 【カタログ純正シャフト装着モデル】 T-ZOID RVシリーズ (¥6,101)こちらも1万円以内で購入できるミズノ製の人気パター。

Wilson(ウイルソン) パター Wilson パター スチール メンズ HARMONIZED Putter II (¥3,133)


売れ筋ランキング1位の超超コスパの良いパター。入門にはこれがベスト◎
購入者からのレビューも非常に良い

商品詳細


・サイズ 34.0インチ
・利き手 右利き
・ゴルフクラブのロフト角 3 度
・材質 スチール^ジンク
・ブランド Wilson(ウイルソン)
・ロフト角:3.0度
・ライ角:72.0度
・クラブ長さ:34.0インチ
・ヘッドカバーはついていません。

購入者レビュー

▫️かまぼこ型は初めてで、打感が良く最高です。 ★★★★★

スコアが良かったせいか、パターも打ち易くて気に入りました。

Amazon公式サイトより

▫️コスパ良し! ★★★★★

距離感を掴み易く自分には丁度良いです。

Amazon公式サイトより

▫️ 自分にピッタリ! ★★★★

扱いやすく、使ってからは2パット以内でカップインしてます。

Amazon公式サイトより

購入サイト

GMIZUNO(ミズノ) ゴルフクラブ パター 【カタログ純正シャフト装着モデル】 T-ZOID RVシリーズ (¥6,101)

こちらも1万円以内で購入できるミズノ製の人気パター。

商品詳細


・パター
・T-ZOIDオリジナルスチール
・T-ZOIDオリジナル
・34
・右用
・ステンレススチール(SUS634)精密鋳造、フェース部:樹脂
・男性

購入者レビュー

▫️三本目のパターだが最高の打ち心地。 ★★★★★

今までは、テーラーメイドのマレット型や、オデッセイのシングルベントなどピン型を避けて通ってきました。

ピン型は難しいイメージがあり避けて通ってきたわけなのですがこのパターでそのイメージがガラリと変わりました。

まず構えたときの適度な重さでフォームが固めやすく、打つときもパター自体が先導してくれるような安心感があり、苦手意識のあったショートパットは今では外れることはかなり少なくなりました。

パターは値段ではないと痛感した一本でした。

Amazon公式サイトより

▫️金額のわりに中々の優れもの ★★★★★

10月30日 初仕事をしてくれました。
15000円以上もするパターも多々出回っていますが、
やはり金額ではないとつくづく感じました。
3m前後の距離が今回には4回カップイン。
個人のフィーリングにもよるが、私にはジャストフィットです。
次回のコンペが楽しみです。

Amazon公式サイトより

購入サイト

  1. Wilson(ウイルソン) パター Wilson パター スチール メンズ HARMONIZED Putter II (¥3,133)売れ筋ランキング1位の超超コスパの良いパター。入門にはこれがベスト◎ 購入者からのレビューも非常に良い
  2. GMIZUNO(ミズノ) ゴルフクラブ パター 【カタログ純正シャフト装着モデル】 T-ZOID RVシリーズ (¥6,101)こちらも1万円以内で購入できるミズノ製の人気パター。