Plain Golf ゴルフレッスン・スクールの検索ポータルを公開しました!

【2020年】イーロンマスクをもっと知れる本・動画まとめ13選

幼少期
エンジニアの父の影響でプログラミングを独学で学び、宇宙をテーマにしたゲームソフトを開発した。500ドルで売却に成功する。
学生時代
ペンシルバニア大学で経済学と物理学の修士号を取得。スタンフォード大学院に進むも、2日で退学。
Zip2起業
弟のキンバル・マスクと街の旅行情報を提供するZip2を起業する。コンピュータ製造企業のコンパックに約3億ドルで売却する。
X.com起業
オンライン金融サービスのX.comを創業。のちのPayPal社。
スペースX起業
宇宙輸送を可能にするロケット製造会社スペースXを起業。
テスラ社の代表に
電気自動車会社のテスラ社に投資し、会長兼CEOに就任する。
ソーラーシティー起業
従兄弟とソーラーシティーを起業。
ボーリングカンパニー起業
トンネル採掘会社ボーリングカンパニーを起業。

✔︎母はモデル、弟は起業家。イーロン・マスクの家族の華麗なる経歴

■併せて読みたい記事→【Twitter創業者】ジャックドーシーをもっと知れる本・Youtube動画7選【2020年】

イーロンマスクをもっと知れる本・動画まとめ13選

1. イーロン・マスク 未来を創る男(¥1,870)

内容
イーロン・マスクは、日本にいないタイプの次世代経営者のスター!宇宙ロケット、電気自動車のスポーツカー(テスラ・モータズ)、太陽光発電……未来の世界を創り出すために、大金を投じ、常に勝負し続ける豪腕経営者。次世代のスティーブ・ジョブズとも呼ばれる、今後ますます注目される異能の経営者イーロン・マスク初めての本格評伝登場!

驚異的な頭脳と集中力、激しすぎる情熱とパワーで
宇宙ロケットからスタイリッシュな電気自動車まで
「不可能」を次々と実現させてきた男――。

シリコンバレーがハリウッド化し、
単純なアプリや広告を垂れ流す仕組みを作った経営者ばかりが持てはやされる中、
リアルの世界で重厚長大な本物のイノベーションを巻き起こしてきた男――。

「人類の火星移住を実現させる」という壮大な夢を抱き、
そのためにはどんなリスクにも果敢に挑み、
周囲の摩擦や軋轢などモノともしない男――。

いま、世界がもっとも注目する経営者
イーロン・マスクの本格伝記がついに登場!

イジメにあった少年時代、祖国・南アフリカから逃避、
駆け出しの経営者時代からペイパル創業を経て、
ついにロケットの世界へ・・・・・・彼の半生が明らかになります。

イーロン・マスク 未来を創る男

2. イーロン・マスク 世界をつくり変える男(¥1,247)

内容
●Rule 01 理想を掲げた現実主義者になる ── ビジョンに実行力を近づける

●Rule 02 社会全体を見ろ、世界の未来を担え! ── スケール感を2段階アップして考える

●Rule 03 どんな失敗でも、正面から受け入れる ── 絶望をモチベーションに昇華する

●Rule 04 ギブン・コンディションを超える ── 「ワク」を取っ払う図太さ

●Rule 05 ひとつの成功なんかで満足しない ── 21世紀を切り拓く起業家の正体

●Rule 06 最後はトップがリスクを取る ── やり抜く組織はリーダーがつくる

●Rule 07 常識は疑え、ルールを壊せ ── 絶望をモチベーションに昇華する

●Rule 08 すべてを、ハイスピードで実行する ── 頭脳とフットワークの両輪を回す

●Rule 09 相手が強敵でも、怯まず戦う ── 攻撃は合理的かつ客観的に

●Rule 10 常にオープンであれ ── 自ら「矢面に立つ」覚悟を持つ

●Rule 11 本質に立ち戻って考える ── 日本企業にこそ必要な思考法

●Rule 12 世界を変えるビジネスモデルを構築する ── 点から線に、線から面に拡大せよ

●Rule 13 時流に乗り、大勝負に出る ── 勝敗を分けるタイミングの見極め方

●Rule 14 株主の言うことなんか聞くな! ── ぶれない信念が壁を壊す

イーロン・マスク 世界をつくり変える男

3. イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者(¥1,089)

内容
1章 降臨―南アフリカから来た男
・暗闇が怖かった少年
・スタンフォードを2日で辞める
・現代版わらしべ長者
・チェルノブイリ原発事故を逃れた家族
・イーロン・マスク追放される
・ペイパルの「関ヶ原の戦い」
・NASAがやらなきゃ、オレがやる
・原理に立ち返る
・電気自動車に取りつかれた男たち
・投資家の剛腕
・二つのクラッシュの違い

2章 難航―人生最悪の時
・日本人が知らない南アフリカ
・ファルコン1を打ち上げろ
・いきなりの失敗
・宇宙は遠い
・ついにファルコン1が飛んだ
・高まるテスラ社への期待
・ロードスター開発現場の混乱
・失敗しても、前を向け
・イーロンの度量と先見
・誰かテスラのCEOをやってくれ
・テスラ倒産! ?
・二度あることは三度ある
・妻との出会い、そして
・仕事か、家庭か
・銀行にキャッシュがない
・絶対に諦めない男

3章 前進―未来を見る
・ロードスターの衝撃
・ポルシェより速い
・日本のお家芸「電池」
・効率はガソリン車の2倍
・破格量のバッテリー搭載
・ジェットコースターのような乗り心地
・鳥のさえずりが聞こえる
・暗黒の2008年を越えて
・バッテリー切れの高級車
・未来を手にする方法

4章 信念―宇宙へ道
・インターネットの外へ
・ベンチャー企業がロケットを打ち上げる
・竜に乗って夢を追え
・米ソ冷戦とロケット紛争
・ケネディからブッシュへ
・理系の頭と文系の交渉力
・NASAのデッカイ金庫
・コスト意識がない業界
・官僚的な巨大宇宙企業たち
・インターネットから飛び出そう

5章 独創―PCの電池で車を走らせる
・モデルSの誕生
・空気抵抗を減らせ
・騒音にも種類がある
・ジョブズも欲しかった車
・トヨタと提携
・カネは上手に使う
・未来のアメリカの工場
・赤字でも株式上場

6章 異端―ロケット作りの革命
・世界初、国際宇宙ステーションとドッキング
・毎月、ロケットを打ち上げる
・特許は出さない
・設計はシンプルに
・フラットな組織で
・廊下で“フラッシュモブ”
・理想と現実の隙間を生める
・コストダウンに“革命的”はない
・頭の固いベンダー
・アマゾン創業者が目指した宇宙
・再利用できるロケットを作る
・高い目標を持ち続ける

7章 野望―人類を火星に送り込む
・ファルコン・ヘビーで火星へ
・中国の病巣と限界
・NASAからのお墨付き
・ヘンリー・フォードとの共通点
・普通の人が乗る宇宙ロケット
・強敵との攻防
・宇宙でキャッシュは使えない
・価値あるお金の使い方
・高速充電ステーション
・成功のレシピ
・充電時間をもっと短く
・GMの栄光と衰退
・21世紀のガソリンスタンド
・カリフォルニアに恋をして
・住宅の屋根を発電所に

8章 運命―地球を救え
・黒字になってこそできること
・国からの借金はとっとと返す
・売れる性能、売れるデザイン
・ニューヨーク・タイムズの批判記事
・事実と違う!
・変化を望まない人々
・正念場はこれからだ
・シェール革命
・地球を救う戦い

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者

4. 宇宙の覇者 ベゾスvsマスク(¥2,530)

内容
アポロが最高到達点だったなんてことにはしたくなかった」――イーロン・マスク
「わたしがブルーオリジンを通じて成し遂げたいと思っているのは、宇宙にインフラを築くことなんです。インフラがあれば、爆発的な起業の増加を促せるでしょう。この21年間、わたしがインターネットの世界で目にしてきたのと同じようにです」――ジェフ・ベゾス

冷戦終結以降、停滞していた宇宙事業が、新たな黄金時代を迎えつつある。
それをもたらしたのは、21世紀初頭に現れた2つの民間企業、イーロン・マスクのスペースXとジェフ・ベゾスのブルーオリジン。
この2社がNASAにも成し得なかった使用済みロケットの垂直着陸を成功させ、再利用可能なロケッによって宇宙開発の風景を一変させたのだ。

宇宙開発の大転換点を描いた必読書!

宇宙の覇者 ベゾスvsマスク

5. イーロン・マスク 破壊者か創造神か(¥726)

内容
地球で電気自動車(テスラモーターズ)を普及させ、
宇宙開発で火星移住を掲げるイーロン。
その野望は現実のものになりつつある。
『未来を変える天才経営者 イーロン・マスクの野望』の発売から3年、
彼はどこまで進化しているのか?
増補改訂文庫版。

【目次】
1章 降臨―南アフリカから来た男
・暗闇が怖かった少年
・スタンフォードを2日で辞める
・現代版わらしべ長者
・チェルノブイリ原発事故を逃れた家族
・イーロン・マスク追放される
・ペイパルの「関ヶ原の戦い」
・NASAがやらなきゃ、オレがやる
・原理に立ち返る
・電気自動車に取りつかれた男たち
・投資家の剛腕
・二つのクラッシュの違い

2章 難航―人生最悪の時
・日本人が知らない南アフリカ
・ファルコン1を打ち上げろ
・いきなりの失敗
・宇宙は遠い
・ついにファルコン1が飛んだ
・高まるテスラ社への期待
・ロードスター開発現場の混乱
・失敗しても、前を向け
・イーロンの度量と先見
・誰かテスラのCEOをやってくれ
・テスラ倒産! ?
・二度あることは三度ある
・妻との出会い、そして
・仕事か、家庭か
・銀行にキャッシュがない
・絶対に諦めない男

3章 前進―未来を見る
・ロードスターの衝撃
・ポルシェより速い
・日本のお家芸「電池」
・効率はガソリン車の2倍
・破格量のバッテリー搭載
・ジェットコースターのような乗り心地
・鳥のさえずりが聞こえる
・暗黒の2008年を越えて
・バッテリー切れの高級車
・未来を手にする方法

4章 信念―宇宙へ道
・インターネットの外へ
・ベンチャー企業がロケットを打ち上げる
・竜に乗って夢を追え
・米ソ冷戦とロケット紛争
・ケネディからブッシュへ
・理系の頭と文系の交渉力
・NASAのデッカイ金庫
・コスト意識がない業界
・官僚的な巨大宇宙企業たち
・インターネットから飛び出そう

5章 独創―PCの電池で車を走らせる
・モデルSの誕生
・空気抵抗を減らせ
・騒音にも種類がある
・ジョブズも欲しかった車
・トヨタと提携
・カネは上手に使う
・未来のアメリカの工場
・赤字でも株式上場

6章 異端―ロケット作りの革命
・世界初、国際宇宙ステーションとドッキング
・毎月、ロケットを打ち上げる
・特許は出さない
・設計はシンプルに
・フラットな組織で
・廊下で“フラッシュモブ”
・理想と現実の隙間を生める
・コストダウンに“革命的”はない
・頭の固いベンダー
・アマゾン創業者が目指した宇宙
・再利用できるロケットを作る
・高い目標を持ち続ける

7章 野望―人類を火星に送り込む
・ファルコン・ヘビーで火星へ
・中国の病巣と限界
・NASAからのお墨付き
・ヘンリー・フォードとの共通点
・普通の人が乗る宇宙ロケット
・強敵との攻防
・宇宙でキャッシュは使えない
・価値あるお金の使い方
・高速充電ステーション
・成功のレシピ
・充電時間をもっと短く
・GMの栄光と衰退
・21世紀のガソリンスタンド
・カリフォルニアに恋をして
・住宅の屋根を発電所に

8章 運命―地球を救え
・黒字になってこそできること
・国からの借金はとっとと返す
・売れる性能、売れるデザイン
・ニューヨーク・タイムズの批判記事
・事実と違う!
・変化を望まない人々
・正念場はこれからだ
・シェール革命
・地球を救う戦い

イーロン・マスク 破壊者か創造神か (朝日文庫)

6. イーロン・マスクの世紀(¥1,760)

内容
本書は、マスクの伝記ではない。
彼の動きとその背景を読み解くことで、21世紀の産業・社会が予想外に速く
構造転換しつつあることを浮き彫りにするものだ。

地球の温暖化防止と火星への移住法の確保という人類規模の壮大な目標を掲げるその個性は
現代の起業家の中でも突出している。
ベンチャーとしては極度にリスクの高い重厚長大産業で新たな手法に次々に挑み、
米国のものづくり復権の最先端を走る。
「マスク・エフェクト」は単に自動車や宇宙産業の中にとどまらず、
広く交通、エネルギーのインフラ、都市開発全体、さらには政治にまで及ぶ。
本書はマスク本人の素顔からその影響までを幅広く描き、
社会の変化の方向性を見極める助けとなることを企図している。

マスク本人についての書籍は、すでに何冊か出ている。
しかし、シリコンバレーの空気感や時代背景、マスクのインパクトまで分析した本はまだない。
「日経の現地特派員」ならではの視座にもとづいた力作だ。

【本書の構成】
chapter1 さらばアップル――米国製造業の革命
chapter2 ロボットと愛――トヨタをあざ笑う
chapter3 解けるエジソンの呪い――電力の未来
chapter4「ザッカーバーグは分かってない」――AI終末論
chapter5 トランプとの伴走――近似形の二人
chapter6 マルキシズム2.0──シリコンバレーの不安
chapter7 アキレスと2匹の亀──異端投資の生態系
chapter8 米都市の生と死――蝸牛とブガッティ
chapter9 アイアンマンのダークサイド――殺人マーケティング
chapter10 起業家の建国神話――物語が育むアメリカ
chapter11 方舟と民主主義──紅いディストピア
chapter12 トム少佐の退屈──マスクがまだ語っていないこと

イーロン・マスクの世紀

7. INSANE MODE インセイン・モード イーロン・マスクが起こした100年に一度のゲームチェンジ (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)(¥2,200)

内容
巨大自動車産業の扉をこじ開けた、テスラの革命。
世界が熱狂するイノベーションと「CASE」の未来。
イーロン・マスクの元側近が徹底取材した話題作!

100年ものあいだ大手自動車メーカーが独占していた自動車産業は、テスラの参入によって革命がもたらされ、コネクティビティ(C)、自動運転(A)、シェアリング(S)、電気化(E)が収斂する全く新しい市場が誕生した。
テスラ出身ジャーナリストが徹底した取材に基づき、自動車産業の未来を占う。

・テスラの自動車産業参入がもたらした「本当の」意味とは?
・中国の新世代スタートアップ企業の躍進と知られざる最新情勢
・石油業界による電気自動車への見えない攻撃
・「コネクティビティ(C)」「自動運転(A)」「シェアリング(S)」「電気化(E)」の最前線

「これは、決意に燃えたあるシリコンバレーのスタートアップ企業がどうやって自動車産業全体を変え、カリフォルニアから中国に至る資金豊富な後発企業を続々と生み出させたかという話だ」(本文より)

【目次より】
第一部 イントロダクション
第1章 モーターを動かせ
第2章 加速三・二秒の衝撃
第3章 電気自動車をめぐる戦い
第4章 炎上
第5章 ただの取引(ディール)
第6章 航続距離への不安

第二部 パワー・シフト
第7章 自動車会社を立ち上げる
第8章 カリフォルニア・ドリーミング
第9章 中国の躍動
第10章 巨人が目を覚ます

第三部 開かれた道
第11章 エレクトリック・アベニュー
第12章 石油時代の終わり
第13章 天国か地獄か?
第14章 ルネッサンス行きのクルマに乗って

INSANE MODE インセイン・モード イーロン・マスクが起こした100年に一度のゲームチェンジ (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

8. テスラモーターズ、SpaceX、ソーラーシティの夢

9.【イーロンマスク】〜テスラ&スペースX!ジョブズを超える天才とはどんな人物か〜【偉人伝】

10. 恐怖や不安に負けずに行動するには? イーロン・マスク(Elon Musk)の行動哲学と考え方

11. 何が全てにおいてイーロン マスクを成功させるのか?TOP 10ルール

12. Elon Musk : The Story Of How He Became A Multi-Millionaire Entrepreneur in his 20’s

13. Elon Musk’s Legendary Commencement Speech