【タイ旅行】時期が雨季とかぶったんだけど大丈夫?

タイの雨季って大丈夫?

こんばんは。アライさんです。

先日私の友人からこんな質問がありました。

「タイに明日から行くんだけど雨季なんだよね。大丈夫?」

旅行を計画するときに実は忘れがちなのが現地の気候。

当然季節は調べていくと思うのですが、雨季か乾季かってあまり気にしない要素な気がします。

だから私の友人もすっかり忘れていたのでしょう。

結論ファースト

先に結論から言いましょう。

「ぶっちゃけ雨季でも問題なし!!」

それはなぜか。タイの雨季は以下の3つの特徴があるからです。

  • 1日の中で1時間〜2時間しか降らない
  • 日本の夏の雨と違い、降ったらむしろ涼しくなって動きやすい
  • 風が強くなってくると雨が降る兆候だから先手を打てる(諸説あり)

※3つ目は正直にいうと一切根拠がないです笑

あくまで私がタイで1年過ごして得た経験則です!笑

参考程度に、ということでお願い致します。

雨季のタイにオススメのアイテム3選

心配な方は外出時に以下の3つのアイテムを持って行きましょう!

  • 日傘兼雨傘の折り畳み傘
  • ハンドタオル1枚
  • ウォータープルーフの日焼け止め

1つ目の折り畳み傘ですが、案外ドンキとかでも売ってるので比較的どこでも買いやすいと思います。

タイは紫外線が日本の2倍と言われているので、皮膚が弱い方や日焼けしたくない方にはあると雨にも対応できる一石二鳥なアイテムです!

2つ目のハンドタオルはどなたにもオススメです。

「タイの気候はHot < Hotter < Hottest」と言われるくらいで、やはりいつの時期でも暑いので汗拭きにもなります。

最後、3つ目の日焼け止めは「耐水性の日焼け止め」のことです。

万が一忘れたら現地の薬局で「ウォータープルーフ サンスクリーン」と言って店員さんに選んでもらいましょう。

タイの薬品は刺激が強かったり、日本では処方箋が必要なものもあるのでなるべく日本で買うのが確実に安心できます。

最後に

いかがでしたか?

今回はタイ旅行の時期を決める際に雨季でも大丈夫なのかどうかについてお話ししました。

改めて結論を述べると、「ぶっちゃけ問題なし」です。

バンコクのカフェはフリーWifiなんて当たり前ですし、内装がお洒落なところも非常に多いです。

時間を忘れるおすすめカフェ1
時間を忘れるおすすめカフェ2

カフェだけでなく、日本の郊外にあるイオンモールよりも巨大なモールがいくつもサイアムやアソークなどの中心地には存在します。

つまり、雨が降っても問題なく時間を潰すことができるのです。

むしろお土産を吟味した結果思わぬ出会いがあると、より良いものをプレゼントできるかもしれません。

結論…

雨が降っててもタイは楽しい!!

以上、アライさんがお届け致しました。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です