[Swift入門] 乱数の使い方

Swift

本記事ではSwiftの乱数のあれこれについて勉強していきたいと思います。

環境: Swift 4.2

乱数の意味[Swift]

乱数は英語で、random numberと言い、ランダムな数字という意味です。

Swiftでは乱数を生成することができます。下で乱数の使い方をみていきましょう!

乱数の使い方[Swift]

Swift4.2から乱数の生成の方法が変わりました。

Swift4.2以前は、arc4random()というC言語から引っ張ってきたメソッドを使っていました。これには他の言語から持ってきたものであったりと、若干問題があったようです。

Swift4.2からはSwift独自の乱数生成メソッドが追加されました。使い方をみてきます。

乱数は範囲(0~10など)を指定して生成します。また真偽値(Bool)にも使うことができます。

配列や辞書から要素をランダムに取り出す

Swiftでは配列や辞書の要素をランダムに取り出すメソッドが使えます。

配列or辞書.randomElement()

でランダムに要素を取り出すことができます。

配列・辞書のシャッフル

Swiftでは配列の要素の並びをランダムに並び替えることができます。

配列.shuffle()

おわりに

以上でSwiftの乱数についてざっくりですが解説してきました。

・Swiftで乱数はランダムな数字という意味

・Swift4.2から乱数の生成方法が変わったNoteにてiOSのチュートリアル開始しました

他にもSwiftに関する記事を書いているので参考にしてみてください〜