Swift・iOSアプリ開発オススメ講座12選【iOSエンジニアが就職・副業方法も解説する】

本記事で解決するお悩み

  • Swift・iOSアプリ開発が学べるおすすめの講座や学習サイトを知りたいな
  • iOSエンジニア就職や副業をするためにはどのレベルまでできるようになれば良いかな?

本記事ではこのような疑問を現役2年目エンジニアの僕がまとめていきます。

筆者

本記事では上記のようなお悩みを現役エンジニアの僕が解決していきます!

本記事を書く僕のプロフィール

  • 現在2年目でiOS開発のエンジニアをしている
  • これまで学生インターンを含めると6社でエンジニア経験(iOS5社、Rails1社)
  • 最近はWebフロントエンド開発を勉強中(Vue.js)

プロフィールはこちらにも書いているのでチェックしてみてください。

【講座紹介の前に】Swift・iOSアプリ開発は初心者におすすめです

※Swiftが学べる講座紹介の前にちょっとiOS開発のおすすめポイントを語らせてください。講座だけ知りたい人は飛ばしてください^ ^

上記の通りでして、Swift・iOSアプリ開発はプログラミング初心者におすすめです。

理由は大きく4つあります。

Swift・iOS開発のおすすめポイント
  • 需要が高いから
  • 稼げる
  • 開発していて楽しい
  • 難易度が簡単めだから【慣れたら簡単】

需要が高いから

出典: プログラミング言語別求人ランキング【2019年6月発表】

上の図のようにSwiftの求人数は増加傾向にあり、今後もしばらくは毎年需要が増えていくと言われています。

RubyやPHPなども需要があるので、Web開発をやりたいならそれらの言語でも良いですが、

iOSアプリの開発に興味があるなら腰を据えてSwiftの勉強をしましょう。

需要があるので安心して勉強して大丈夫です。

個人的に思うは、就職や副業など仕事を前提で考えているのであれば、

PHPなどよりSwiftの方が良いと思います。

というのも、PHPエンジニアやRubyエンジニアって異常に多いです。

なので採用でも競合が多くなりがちですが、iOSエンジニアはそれほど競争が無いので人気企業への就職もしやすいと思います。(個人的な体感)

稼げる

iOSエンジニアはWebエンジニアなどと比較しても年収が高めな傾向です。

出典: 求人Box Swiftエンジニア

628万円だと月の手取りで40万円ちょっとですね^ ^

出典: 求人Box PHPエンジニア

PHPエンジニアだと平均で461万円。

出典: 求人Box Rubyエンジニア

ポイント
iOSエンジニアは稼ぎやすいのでおすすめ。

開発していて楽しい

これは僕がiOS開発ばっかりやってきたので、思い入れがあるのかもですが

iOSエンジニアは開発していて楽しいので良いですよ^ ^

  • 電車で作ったアプリを使っている人をみた時
  • Twitterでアプリが話題になっている時
  • 家族や友人がユーザーな時

とてもやりがいを感じます。

自作でアプリを作って公開もできるようにもなります。

毎年Appleの開発者イベント(WWDC)をチェックするのが習慣になります。

2020年のWWDC

難易度が簡単めだから【慣れたら簡単】

Swiftの難易度どれくらいなんだろうと疑問に思うかもですが、かなりシンプルで簡単です。

僕が勉強してきた言語のイメージ

  • HTML→簡単
  • CSS→マージンとかの微調整が難しい
  • PHP→簡単め。
  • Ruby→めっちゃ簡単
  • Swift→めっちゃ簡単
  • Java→ちょっとむずい
  • Python→簡単

こんな感じ。下記の記事にSwiftの難易度の体感をまとめているのでチェックしてみてください。

iOSアプリ開発にはMacが必須

iOS開発にはXcodeが必要なのですが、XcodeはMacからしかインストールできないのでMacを用意しましょう。

Macのスペックどれくらいあれば最低限良いかは下記記事に実際の経験からまとめているので暇なときにチェックしてみてください。

Swift・iOSアプリ開発が学べる講座12選

さて本題のSwift・iOSアプリ開発が学べる講座・学習サイトをまとめて紹介します。

1. テックアカデミー iPhoneアプリコース

特徴・おすすめポイント

できることSwiftを使って4つのiOSアプリを作るコース。最後にオリジナルのアプリを作り公開できるコース
期間最短4週間
料金4週間で149,000円(税抜)、分割払いは6,209円/月から
おすすめポイント全てオンラインで完結するスクール。無料の就職サポートあり

テックアカデミーは1週間無料で体験できるので気になったら試してみることができます。

テックアカデミーiPhoneアプリコースをチェックする

こちらの記事もおすすめ: 【コスパ?】テックアカデミーでiPhoneアプリ開発を学ぶのはあり?【他スクール比較+その他おすすめ学習サイト紹介】

2. 侍エンジニア塾

特徴・おすすめポイント

できること完全オリジナルカリキュラム。Swift開発で将来的にどうなりたいかを相談しつつ0から学習内容を決めていく。人気スクール
期間最短4週間
料金4週間で69,800円(税抜)、分割払いは2,908円/月から
おすすめポイントマンツーマンレッスンで有名なプログラミングスクール。知名度&評判が良い

侍エンジニア塾は無料体験レッスンを受けることができます

侍エンジニア塾をチェックする

3. CodeCamp(コードキャンプ) – アプリマスターコース

特徴・おすすめポイント

できることiOSとAndroid両方が一気に学べるコース。言語はSwift(iOS)とJava(Android)。ニュースリーダーアプリやSNSアプリの作り方を学びます
期間最短2ヶ月
料金2ヶ月148,000円〜(税抜)
おすすめポイント両OS(iOS/Android)一気に勉強したい方におすすめ

CodeCamp(コードキャンプ)も無料体験レッスンを受けることができます

CodeCamp(コードキャンプ) – アプリマスターコースで作るもの

CodeCamp(コードキャンプ)をチェックする

4. Playground(Swiftコース)

特徴・おすすめポイント

できることSwift・iOS開発の基礎学習に特化したスクール
期間無期限
料金入会金49,800円(税抜)+月額550円(税込)
おすすめポイント月額550円のコスパスクール。コミュニティに入れ現役エンジニアにチャットで質問できる

Playgroundはコスパ重視の方におすすめ

SwfitPlaygroundは7日間無料体験可能です

Playground公式サイトをチェック

5. ドットインストール

特徴・おすすめポイント

できること1動画3分の動画学習サイト。初心者向け入門サイト
料金月額1,080円 (税込)
おすすめポイントProgateを終えたくらいの方におすすめな動画学習サイト。

ドットインストールで学べるiOS開発のコース

ドットインストール公式サイトをチェックする

こちらの記事もおすすめ: プログラミング入門にドットインストールがめっちゃおすすめという話【最短でエンジニアになる方法も紹介】

6. Udemy

特徴・おすすめポイント

できること1動画買い切りの動画学習サイト。クオリティの高い動画コースが多い
料金1コース1,000円〜5,000円くらい
おすすめポイント脱初心者向け。ニュースアプリやSNSアプリを作るコースなどがある

例えば下記のようなコースがあります。SNSアプリを作ったりするコースです。

» 【iOS13対応】未経験者がiPhoneアプリ開発者になるための全て iOS Boot Camp

Udemy公式サイトをチェックする

こちらの記事もおすすめ: 【保存版】UdemyでSwiftを学べるおすすめのコース11選+その他おすすめサイトも紹介

7. Apple公式チュートリアル

特徴・おすすめポイント

できることApple公式のテーブルビューを使ったアプリ開発チュートリアル
料金無料
おすすめポイントApple公式のチュートリアル。1回やっておいて間違いない。英語なのがちょっと気になる。。

Apple公式チュートリアル

8. A Swift Tour(Apple公式のSwiftチュートリアル)

特徴・おすすめポイント

できることApple公式のSwiftチュートリアル
料金無料
おすすめポイントこちらもApple公式のチュートリアル。わからないことがあったら辞書代わりに使うと便利

Apple公式のSwiftチュートリアル

9. Qiita Swift

特徴・おすすめポイント

できることエンジニアのコミュニティサイト。Swiftの投稿記事を読むと勉強になる
料金無料
おすすめポイント難易度高めの記事もあるが、入門記事も多いので暇なときに目を通すと良いです

Qiita Swift

10. Youtube

特徴・おすすめポイント

できることYoutubeにはSwift・iOSアプリ開発の入門動画が結構ある
料金無料
おすすめポイント英語の動画が多いが、結構分かりやすい動画があるので、チェックしてみるのがおすすめ

Youtubeをチェックする

11. raywenderlich.com

できること知る人ぞ知る良質なiOS開発のチュートリアルサイト
料金無料(一部有料)
おすすめポイント英語記事だがiOS界隈で有名なチュートリアルサイト。PinterestのUIを作る記事とか非常に分かりやすい。UICollectionView Custom Layout Tutorial: Pinterest

raywenderlich.comをチェックする

12. 書籍

書籍でiOS開発を学ぶのもありです。下記記事にまとめているので木になる方はどうぞ

おわりに: Swift・iOSアプリ開発講座まとめ + iOSエンジニア就職、 副業で稼ぐために必要なもの

以上Swift・iOSアプリ開発が学べる講座/学習サイトを12個まとめてみました。

iOSエンジニア就職、 副業で稼ぐために必要なもの

最後にこれからSwiftを学んで就職したい人や副業で稼ぎたい人向けにこれだけは準備しようという話をさせてください。

アプリを自作で公開すること

シンプルですが、自作でアプリを作って公開すること、これが全てです

  • iOSエンジニア就職したい→面接で自作アプリ見せて実力を見せる
  • 副業で案件獲得したい→過去の実績を求められることがほとんどだが、公開しているアプリを見せれるので受注率が高まる

下記記事に僕が大学生の頃に副業案件を獲得した経緯をまとめているのでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です