PayPay(ペイペイ)とPayPal(ペイパル)の違い【名前似過ぎ問題】

こんにちは。

PayPayとPayPalって名前似過ぎじゃないですかね。Pが大文字なのも同じですし。

今回はPayPayとPaypalの違いについてそれぞれ解説していきます。

» PayPay-iOSアプリをダウンロード!

» PayPay-Androidアプリをダウンロード!

PayPayとPaypalの違い→全く別会社

PayPayとPaypalは全く別会社で、国も違います。

✔️PayPayはQR決済アプリ

PayPayはソフトバンクとYahoo! JAPANが2018年に始めたQR決済アプリです。

2018年10月のアプリリリースから、1年も経たないうちに、

  • 登録ユーザー1500万人
  • 加盟店150万箇所
  • 累計決済回数1.7億回

と、とてつもない速度で成長しているアプリです。

■「PayPay」、登録ユーザー数が1,500万人に!~ サービス開始から1年足らずで突破! 加盟店は150万カ所、累計決済回数が1.7億回に ~

CMを一度は見たことがあるのではないでしょうか。

✔️PayPalはオンライン決済サービス

PayPalは1998年にアメリカで設立された事業会社です。

PayPal公式サイトの説明によると、

PayPalは世界2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用できる安全な決済サービス。

カードや銀行口座を登録しておけば、IDとパスワードだけでオンラインショッピングが可能。

銀行口座の口座振替設定をすれば、友達や家族とお金のやり取りができる。

スマホひとつでお金の可能性が広がるウォレットサービス。

だそうです。ちょっとサービスの内容も似ていますね。

ちなみにこのPayPalの創業メンバーには、テスラ・モーターズやSpace Xで有名なイーロン・マスクもいるそうです。

日本だとそんなに使われている印象はありませんが、アメリカでは人気サービスです。

» PayPay-iOSアプリをダウンロード!

» PayPay-Androidアプリをダウンロード!

参考記事:

» PayPal公式サイト

» PayPalとは(公式)

» PayPay公式サイト

»【スピード感!】 決済アプリPayPayが累計1500万ユーザーを獲得!【他サービスと比較してみた】