[Java初心者向け] データ型の判定方法 instanceof

Java

Javaで変数のデータ型を知りたい時(判定)にinstanceofメソッドを使います。

本記事ではこのデータ型の判定に使えるinstanceofの使い方を簡単に説明していこうと思います。

データ型とは?

まずデータ型の確認から簡単にしていきましょう。

まずJavaのデータ型は大きく分けて2つに分けることができます。

プリミティブ型(基本型)

long -> 整数
int -> 整数
short -> 整数
byte -> 整数
double -> 少数
float -> 少数
boolean -> 真偽
char -> 1文字

参照型(クラス型)

String -> 文字列を扱うクラス
Integer -> 整数を扱うクラス

プリミティブ(基本)型と違い、クラスを扱うのがポイントです。

プリミティブ型と参照型の違い

ではJavaのプリミティブ型(基本型)と参照型(クラス型)の違いは何なんでしょう。

どっちでも良いやってなりそうですが、

Integer型とint型は同じものだとばかり思ってました。

int型とInteger型は違う

これらの記事に違いが少し書いてありました。ざっくりまとめると、

・Integerはint型のラッパーで、int型と同じ整数のデータを持てる
・Integerはintと違ってデータだけでなく、便利なメソッドも持っている

って感じで、Integerの方ができることは多そうです。

そして本題ですが、Javaで変数のデータ型を判定したい時に使うinstanceofは上の参照型にのみ使えます。

ではinstanceofの使い方を確認しましょう!

Javaでデータ型の判定にはinstanceofを使う

書き方(公式)

サンプルコード

まず参照型のIntegerで変数bを定義しています。値は33です。

そしてこの変数bを、

instanceofを使ってIntegerかどうかを判定しています。

結果はtrueと返ってきてIntegerであることが判定できます。

プリミティブ型のintの変数にinstanceofを使うとエラーが出ます。

プリミティブ型の変数aに22を入れています。

このaのデータ型を判定しようとすると、

参照型を期待しているのに、プリミティブ型intがきてるよと言われます。

まとめ

以上、Javaで変数のデータ型の判定を行いたい時に使うinstanceofを紹介しました。

ポイントは、

・instanceofは参照型変数に使う

・データ型が正しければtrueが返ってくる

という点です!

以上です。

エンジニアの皆さん! ”正社員”でフリーランスはじめませんか?