iPhoneアプリ開発スクールランキング6選【選び方のコツをiOSエンジニアが解説する】

こんにちは! 2年目で現役のiOSエンジニアをやっている齋藤です。

僕はもともと文系出身で独学で勉強して、去年iOSエンジニアとして某Web企業に就職しました。

新卒就職してからたくさんやらかしてきましたが、なんとか現在もiOSエンジニアとして生き残れています。(詳しいプロフィールはこちらを!)

今回の記事テーマ

筆者

今回の記事では、これからiPhoneアプリ開発の勉強をしてiOS開発ができるようになりたい方向けに、iPhoneアプリが学べるスクール6つをランキング付けして紹介していきたいと思います!!!

それでは早速記事本編に進んでいきましょう〜〜!

目次

iPhoneアプリ開発スクール紹介の前に: 確認しておきたいこと6つ(給料・必要な準備など!)

iPhoneアプリ開発が勉強できるスクールを紹介する前に、iPhoneアプリ開発は稼げるのかや、必要な準備などを念の為確認していきましょう〜!

  1. iPhoneアプリ開発をするためにはどの言語がおすすめ?
  2. iPhoneアプリ開発にはMacが必要
  3. MacのスペックはどれくらいあればOK?
  4. iOSエンジニアの平均年収は628万円!!
  5. iOSエンジニアのフリーランスエンジニアの平均月収は74.6万円!
  6. iOSエンジニアの副業事情
  7. iPhoneアプリ開発の難易度

スクール紹介だけみたいよ!という方は記事を下にスクーロールしていってください(^ ^)

① iPhoneアプリ開発をするためにはどの言語がおすすめ?

iPhoneアプリ開発で使用される言語は下記の5つ。

  • Swift
  • Objective-C
  • JavaScript
  • C#
  • Dart

今からiPhoneアプリの開発を始めrならSwift一択で良いです。他の言語は求人数が少なかったり、開発環境がSwiftほど良くなかったりするので

一応一つずつ軽く紹介します。

iPhoneアプリ開発ができる言語① Swift

とりあえずSwift選んでおけば間違いない。求人数も、開発環境もダントツで良い。

なんといってもAppleが出している公式言語なので。

» Swift – Apple

iPhoneアプリ開発ができる言語② objective-C

Swift言語が発表される前に主流だった言語(2014年以前)

現在新規案件で使われることはほぼない。2014年以前から作られているiPhoneアプリでは今だにObejective-Cが残っているプロジェクトもたまに聞きます。

Swiftへの移行をやっているところがほとんどなはず。

» Objective-C Wikipedia

iPhoneアプリ開発ができる言語③ JavaScript(React Native)

React NativeというFacebookが開発しているプラットフォームでJavaScriptを使って、iPhoneアプリ開発ができる。まあまあ使われているが主流ではない。

» React Nativeとは何なのか

iPhoneアプリ開発ができる言語④ C#(Xamarin)

C#でiPhoneアプリ開発も可能。Xamarinと呼ばれるマイクロソフト社が開発しているプラットフォームを使って開発できる。

» Xamarin とは – Microsoft公式

iPhoneアプリ開発ができる言語⑤ Dart(Flutter)

最近ちょっと流行っている印象のDart言語。Googleによって開発されているFlutterというプラットフォームを使って開発できます。

ポイント
こんな感じでiPhoneアプリは5つの言語で開発することができます。おすすめはSwift

下記の記事にも詳しくまとめているのでどうぞ!

» [Swiftだけじゃない?] iPhoneアプリの開発で使える5つの言語

② MacのスペックはどれくらいあればOK?

結論下記です!(そんなに古いMacじゃなければとりあえず大丈夫です!!)

macのスペック 最低ライン: macBook Air 2012

僕はこれまでプライベートと仕事で5つくらいMacを買い換えて使ってきたのですが、

ぎりぎりストレス少なく(多少はあったのですが..)開発ができたのがmacBook Air 2012でした。

細かいスペックは下記。

  • プロセッサ 1.8GHz Intel Core i5
  • メモリ 4GB 
  • ストレージ 128GB

これ10年くらい前に発売されたMacでスペックもかなり低めなのですが、ぎり開発できます笑

2年前に購入したMac Miniだとほぼストレスなく開発できるのでこちらのスペックも紹介します! このくらいのMacだとほぼストレス無しです(個人差はあると思いますので慎重に..)

ストレスフリーなMacのスペック

2014年発売のMac mini

  • メモリ: 8GB
  • プロセッサ: corei5
  • ストレージ: 256GB(SSD)

個人的にはこれで問題無しです。

こちらの記事に詳しく書いています: [体験談] iPhoneアプリの開発で必要なmacのスペック目安ってどれくらい?

③ iOSエンジニアの平均年収は628万円!!

iOSエンジニアの平均年収は結構高めです。需要に対してまだまだ供給が追いついていない印象です。

Rubyエンジニアだと561万円。

» 求人Box Swiftエンジニア

④ iOSエンジニアのフリーランスエンジニアの平均月収は74.6万円!

Swiftのフリーランスエンジニアだと平均月収74.6万円くらい。フリーランスだと単価があがりますね。

例えば下記のような案件。(こんなに自分も稼げるようになりたいですねえ。。)

» フリーランススタート Swift求人

⑤ iOSエンジニアの副業事情

iOS開発ができるようになると副業もできるようになりますね。

僕が大学生時代に3万円くらいの案件から50万円まで獲得できた話は下記の記事を読んでみて欲しいのですが、副業でもお小遣い稼ぎができるようになります

»【経験談】プログラミング副業を学生が初心者ながらやってみて学んだ3つの重要なこと【案件金額も公開】

⑥ iPhoneアプリ開発の難易度

iPhoneアプリ開発を作れるようになるには下記の2つを勉強する必要があります。

  • Swift…開発言語
  • Xcode…開発環境。画面を作ったり。

個人的にSwiftは綺麗で簡単な言語だし、Xcodeも数ヶ月触っていたら慣れると思います

僕はこれまでにPHPやRuby、Java、Pythonなど色々触ってきましたがSwiftやXcodeは簡単な方だと思います。

完全な偏見ですがRuby+Ruby on Railsを学ぶのと一緒くらいの難易度。

下記の記事に僕が感じたSwiftの難易度を書いていますのでお時間あれば是非

» 【経験談】Swiftの難易度はざっくりとRubyと同じくらい! 【Javaより全然簡単】

iPhoneアプリ開発が学べる人気スクールランキング6選

お待たせしました〜! iPhoneアプリ開発が学べるスクールを6つランキング形式で紹介します!

ランキングは完全に僕独自に考えてつけたのであくまでも参考程度に読んでみてください。(知名度、評判、コスパ、オンライン学習の有無などを考慮しました)

ランキングは下記です!

iPhoneアプリ開発が学べる人気スクールランキング1位〜6位

  1. 侍エンジニア塾
  2. テックアカデミー(TechAcademy)
  3. CodeCamp
  4. Playground
  5. RainbowApps
  6. KENスクール

1位 侍エンジニア塾

料金・コスパ
(5.0)
知名度・評判
(5.0)
オンライン学習対応
(4.5)
実績
(4.5)
おすすめ度
(5.0)
総合評価
(4.5)

iPhoneアプリスクールの中では評判・知名度、実績等でNo.1

基本情報

  • 料金…4週間62,820円から。分割払いで月額2,908円〜
  • オンライン学習…全てオンライン学習可能
  • 就職支援…あり

オリジナルカリキュラム

侍エンジニア塾の大きな特徴の1つが受講生1人1人学習カリキュラムが違う点です。

受講生の目標に合わせて、学習カリキュラムが作られます。

  • アプリ開発エンジニアとして就職したい
  • Webエンジニアに最短で転職したい
  • フリーランスに半年後になりたいんだけどどうしたら良い?

こういった目標をメンターに相談し、カリキュラムを一緒に作っていきます。

一般的なスクールは全員学習内容が一緒ですが、侍エンジニア塾は受講生の目標からオリジナルカリキュラムを作れる点が優れています

マンツーマン指導

侍エンジニアもう1つの特徴はマンツーマンレッスンです。

対面でも、オンラインでも侍エンジニア塾は全講義マンツーマンレッスンです。

集団の講義よりもマンツーマンの方が個人的には好きですが、どうでしょう。

無料体験レッスンが受けられる

侍エンジニア塾は無料体験レッスンを受講できます。

無料体験レッスンを受けたら5,000円のアマゾンギフトがもらえるそうです笑

侍エンジニア塾をチェックする

2位 テックアカデミー(TechAcademy)

料金・コスパ
(4.5)
知名度・評判
(5.0)
オンライン学習対応
(5.0)
実績
(4.5)
おすすめ度
(5.0)
総合評価
(4.5)

オンライン学習特化の人気プログラミングスクールです

基本情報

  • 料金…4週間129,000円から。分割払いで月額5,375円〜
  • オンライン学習…全てオンライン学習可能
  • 就職支援…あり

iPhoneアプリコース

テックアカデミーにはiPhoneアプリコースが用意されています。

iPhoneアプリコース

テックアカデミーのiPhoneアプリコースでは3つのアプリ+オリジナルアプリの作成を行います。

かなり評判がよく多くの受講生がいます。

完全オンライン完結

テックアカデミーは完全オンライン完結スクールです。地方在住でも全て問題なくオンライン学習が可能です。

コロナ以後にほとんどのプログラミングスクールがオンライン学習に対応しているのですが、

テックアカデミーはコロナ以前からオンライン完結スクールとして有名でオンライン学習n信頼感ありです。

テックアカデミーは1週間無料体験可能

テックアカデミーは1週間無料体験可能です。説明会動画も無料視聴できます。

テックアカデミー iPhoneアプリコースをチェックする

3位 CodeCamp(コードキャンプ)

料金・コスパ
(5.0)
知名度・評判
(4.0)
オンライン学習対応
(4.5)
実績
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

CodeCamp(コードキャンプ)はiOSとAndroid開発両方が学べるのが特徴のスクールです。

基本情報

  • 料金…2ヶ月148,000円から。入学金30,000円。分割払いで月額4,900円〜
  • オンライン学習…全てオンライン学習可能
  • 就職支援…あり

アプリマスターコース

CodeCampアプリマスターコースではiPhoneアプリ開発とAndroid開発を両方学びます。(iOSはSwift、AndroidはJava)

  • ニュースリーダーアプリ
  • 地図アプリ
  • カメラアプリ
  • SNSアプリ

4つのアプリを作れるようになります。

個人的には初心者がiOSとAndroid開発を同時に学習するのはあまりおすすめしません。

学習量が多くなるし、企業の求人ではiOSエンジニアとAndroidエンジニアは別々に募集されることがほとんどなので

両方できるようになるメリットはあまりないと思います。

両OSでアプリを自作で公開したいという人とかであれば、CodeCampおすすめです。

無料体験レッスンが受けられる

CodeCampも他スクールと同様に無料体験レッスンが受講可能です。

CodeCampアプリマスターコースをチェックする

4位 RainbowApps

料金・コスパ
(5.0)
知名度・評判
(2.0)
オンライン学習対応
(1.0)
実績
(2.5)
おすすめ度
(3.0)
総合評価
(3.0)

iPhoneアプリ開発が学べる格安のプログラミングスクールです。最低1万円から。オンライン学習には対応していないので注意が必要。大阪校のみ

基本情報

  • 料金…10,000円〜
  • オンライン学習…非対応。大阪心斎橋校
  • 就職支援…なし

iPhoneアプリ開発コース

RainbowAppsには下記の3コースが用意されています。

  • iPhoneアプリ開発コース全2回 => 1万円
  • iPhoneアプリ開発コース全6回 => 5万円
  • iPhoneアプリ開発コース全8回 => 10万円

コースによって学習内容と料金が異なります。

1番料金の高い全8回コースでも内容はかなり基礎的な印象です。

無料体験あり

RainbowAppsも無料体験が大阪心斎橋で受講可能です。

RainbowAppsiPhoneアプリ開発コースをチェックする

5位 KENスクール

料金・コスパ
(4.0)
知名度・評判
(2.0)
オンライン学習対応
(1.0)
実績
(2.0)
おすすめ度
(2.5)
総合評価
(2.5)

初心者向けiPhoneアプリ開発コース。ちょっと堅めな印象です。

基本情報

  • 料金…3ヶ月92,000円
  • オンライン学習…非対応。新宿、池袋、北千住、横浜、名古屋、梅田、福岡、札幌
  • 就職支援…あり

iPhoneアプリ開発講座

3ヶ月完結のコースです。かなり初歩的なコース内容な印象です。

資料請求・無料カウンセリング可能

KENスクールは資料請求や無料カウンセリングが可能です。気になる方はどうぞ。

KENスクールiPhoneアプリ開発講座をチェックする

どのスクールが良いか迷ったら

ここまで読んで頂いた方は既にこのスクールが良さそうだな…とある程度決められているかもですが、

まだ決めかねている方は侍エンジニア塾テックアカデミーの2つが知名度評判も良いのでおすすめです。

とはいえ雰囲気などWebサイトからは分からない部分も多いので、できるだけ無料体験レッスンや面談を受けてみて決めるのが良さそうです

スクール以外でiPhoneアプリ開発を学ベるサイト5つ

最後に、

プログラミングスクール以外でiPhoneアプリ開発が学べる学習サイトを紹介8つ紹介します。

  1. Udemy
  2. ドットインストール
  3. Apple公式チュートリアル
  4. A Swift Tour(Apple公式のSwiftチュートリアル)
  5. Qiita Swift
  6. Youtube
  7. raywenderlich.com
  8. 書籍

詳しくは下記記事にもまとめているのでお時間のある時に参考にしてみてください。

» Swift・iOSアプリ開発オススメ講座12選【iOSエンジニアが就職・副業方法も解説する】

Udemy

個人的にお気に入りの学習サイト。

1コース1,000円から5,000円程で購入できる動画学習サイト。

Swiftとかで検索すると良いコースがたくさん出てきます。

» Udemy公式サイト

ドットインストール

ドットインストールは月額1,080円の動画学習サイト。iOS開発の基礎が学習できます。

» ドットインストール公式サイト

Apple公式チュートリアル

Apple公式のiOS開発チュートリアル。1回やってみて良いかも。

» Apple公式チュートリアル

A Swift Tour(Apple公式のSwiftチュートリアル)

Apple公式のSwift言語のドキュメント。文法が学べます。

» A Swift Tour

Qiita Swift

Qiitaはエンジニアのコミュニティサイト。Swift関連の投稿もたくさんあるので暇な時に目を通してみるとけっこう面白いです。

» Qiita

Youtube

Youtubeで勉強するのもけっこうおすすめです。英語動画が多いですが。

raywenderlich.com

raywenderlich.comは英語ですが、iOS界隈で評判が良いのでぜひ。中級レベルくらいの記事が多いです。

» raywenderlich.com

書籍で学ぶのもあり

定番の学習方法ですが書籍で学ぶのもありですね。Swift・iOS開発が学べるおすすめの書籍は下記記事をどうぞー!

以上で本記事は終わりです。最後までありがとうございました〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です