Geek Jobで新卒就職するメリット・デメリットをエンジニアが考察する【保存版】

本記事で解決するお悩み
・Geek Jobを新卒で活用するメリット・デメリットを知りたいな
・どんな人にGeek Jobおすすめかな?

・Geek Jobを使わずに独学で勉強した場合、新卒就職するのに必要な期間はどれくらいかな?
・どんな人にGeek Jobおすすめかな?

・現役エンジニアの意見を聞いてみたいな

筆者

本記事ではこのような疑問を、現役2年目エンジニアの僕が簡潔に解決していきます!

筆者プロフィール

  • iOSエンジニア2年目。Swiftが好き
  • テックブースト(tech boost)というプログラミングスクールでメンター経験あり
  • 学生時代のインターンシップを含めると現在6社目(RubyとSwift)
  • 大学生時にフリーランスエンジニアとして活動。最高50万円案件受注した経験あり。
  • 現在はWebフロントとSEOを勉強中

» Geek Job公式サイト

それでは一緒に確認していきましょう!

Geek Jobで新卒就職するメリット・デメリットをエンジニアが考察する【保存版】

本記事は下記の流れで順番に解説していきます。

  1. Geek Jobを新卒で活用するメリット
  2. Geek Jobを新卒で活用するデメリット・注意点
  3. Geek Jobを使わずに独学で勉強した場合、新卒就職するのに必要な期間は1-2年
  4. 未経験OKの求人もある
  5. なぜ今新卒でエンジニアを目指すべきなのか

Geek Jobを新卒就職で活用するメリット

まずはGeek Jobを新卒就職で活用するメリットから。

結論: 無料で短期間で就職できる点

上記の通りでして、Geek Jobで新卒就職するメリットは未経験から短期間(3ヶ月)でエンジニア就職を無料でできる点です。

未経験がほとんど

ほとんどの受講生(97.8%)がプログラミング未経験から参加しているので、未経験でも問題無しです。

Progateとかでちょこっとプログラミングの基礎を学んでおくと良さそうです。

短期間でエンジニア就職できる

未経験から3ヶ月で転職ができます。最速コースで進めば22日です

全くのプログラミング未経験の方の場合、60日間(土日を除く3ヶ月間)ほどの時間を確保いただくようにお願いしていますが、プログラミングのご経験や、ご経歴によっては、スケジュールとカリキュラムをご調整させていただきます。
例)
・大学時代にプログラミングを学んでいた方 → 約40日間の通学(20日間の学習の後、就職活動)
・HTML/CSSを使用し就業していた方 → 約20日間の通学(20日間学習をしながら就職活動)
・システム開発会社にて保守運用やインフラ業務に携わっていた方 → 約10日間の通学(10日間学習をしながら就職活動)
※上記はあくまでも一例です。詳細はご相談ください。

Geek Job公式サイトより

オンライン学習可能

Geek Jobは東京に2教室(四谷・九段下)あるのですが、地方在住でも問題無しです。すべてオンラインで学習できます。

地方に住んでいるのですが通うことは可能ですか?

A. 学習から就職支援まですべてオンラインで対応可能なので、ネット環境があればいつでも学習することができます。

Geek Job公式サイトより

就職先が結構良さそう

Geek Job卒業生の就職先として下記のような会社があります。

就職実績については体験レッスンや説明会で直接聞くのがおすすめです(無料&オンライン可能)

» Geek Job公式サイト

Geek Jobが無料な理由

Q. なぜお金がかからないのですか?

A.プログラミングキャンプでは就職支援にて就職頂いた企業様より成功報酬を頂いていますので、セミナー参加者から代金を頂く事はございません。

Geek Job公式サイトより

公式サイトの通りでして、受講生がGeek Jobと提携している企業へ就職することで企業から報酬を得ているため無料で提供されています

Geek Jobでは何が学べる?どんなエンジニアになれる?

Geek Jobでは下記2つのコースが用意されています

Geek Jobの2コース概要

サーバーサイドエンジニアとインフラエンジニアって何?って方は下記の記事がおすすめです。

サーバーサイドエンジニアもインフラエンジニアもどちらも需要のある職種なのでどっちもおすすめです。

プログラミングコース

Ruby/Java/PHPのいずれかの言語を学びサーバーサイドエンジニアを目指すコースです。

プログラミングコース公式サイト

インフラエンジニアコース

文字通りインフラエンジニアを目指すコースです

インフラエンジニア公式サイト

Geek Jobを新卒で活用するデメリット・注意点

Geek Jobで新卒就職するデメリット・注意点も確認しておきましょう。

就職先はGeek Jobの求人の中から選ぶ必要あり

Geek Jobは無料でプログラミングを勉強できる代わりに、Geek Jobと提携している企業へ就職する必要があります。

提携企業例

500以上の提携企業があるので、良いのが1つもないということは考えにくいですが、念の為オンライン相談会に参加するなどして、直接聞いてみるのがおすすめです

» Geek Job公式サイト

年齢制限あり→29歳まで

新卒就職なので問題ないと思いますが、Geek Jobは29歳までしか参加できないので注意が必要です。

就職は関東圏でする必要あり

Geek Jobの求人のほとんどは関東圏なので、地方在住者も新卒で関東(東京)に出てこれる方が対象となっています。

ここら辺も無料オンライン面談でしっかり確認した方が無難です。

» Geek Job公式サイト

Geek Jobを使わずに独学で勉強した場合、新卒就職するのに必要な期間は1-2年

経験からいうと、未経験から独学でプログラミングを学んでエンジニア新卒就職するまでの必要学習期間は1-2年ほど。

僕は大学2年生の頃に独学で未経験からプログラミングの学習を重ね、

インターンやフリーランスを経験して、

2年後にWeb企業にiOSアプリ開発エンジニアとして就職しました。

だいたい僕のまわりの独学のエンジニアもこんな感じです。

効率よく学べば1年。2年あれば十分くらいのイメージ

未経験OKの求人もある

未経験歓迎の新卒エンジニア求人に応募してみるのも1つのやり方としてあります。

企業によっては教育プログラムが充実しているところもあるので、未経験OKの求人を探すのもありです。

求人サイトはWantedly.comがおすすめです。ほとんどのWeb企業が求人を出しているイメージです。

なぜ今新卒でエンジニアを目指すべきなのか

僕個人が思うエンジニアおすすめポイントは下記の3つ

エンジニアのここが良い!
  • 将来性抜群
  • 自力で稼げる
  • 自由な労働環境

将来性抜群

既にご存知かもですが将来性抜群です。今後ますますエンジニア不足は加速していくと言われているので需要があがり、給料もますます上がっていきます。

自力で稼げる

エンジニアは会社以外でも様々な方法で収入を増やすことができます。

僕がこれまでにやってきたことは下記

  • メディア運営(月間30万円ほどの売上)
  • Noteにてプログラミング学習教材販売(月3,000円ほど売上)
  • 学生時代にフリーランス(最高50万円案件)

学生時代にフリーランスを頑張った話はこちらをどうぞ: 【経験談】プログラミング副業を学生が初心者ながらやってみて学んだ3つの重要なこと【案件金額も公開】

自由な労働環境

エンジニアは他の職種と比べて自由な職場で働けるのもメリットです。

在宅ワークや出社・退勤時間自由の会社も多いので良いです。

まとめ: Geek Jobで新卒就活を成功させよう

以上で本記事は終わりです。

Geek Jobの気になるコースの体験レッスンや面談をオンラインでまずは受けてみるのもありです。(無料)

» Geek Job公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です