【プロが厳選】ケーブルボックスのおすすめ人気ランキング5選 【配線を綺麗に収納!】

散らかりやすいケーブル類をまとめてくれるケーブルボックス(配線収納ボックス)は、お部屋のインテリアに欠かせないアイテムです。掃除がラクになる、ホコリによる故障を防ぐといったメリットだけでなく、電化製品の周りをおしゃれに彩るインテリア性もあわせ持っています。しかし、木製・樹脂製など材質がさまざまで、小型・大型・スリムなものなどサイズ展開も豊富であるため、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ケーブルボックスの選び方とともに、おすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。上手く活用して、Wi-Fiルーターや電源タップなどをすっきりキレイにしてみませんか?

ケーブルボックスの選び方

まずは、ケーブルボックス選びで知っておきたいチェックポイントをご紹介していきます。

① 収納アイテムに合わせてサイズを選ぶ

収納アイテムに合わせてサイズを選ぶ

ケーブルボックスのサイズは、収納したいアイテムの種類・サイズ・数に合わせて選ぶのが鉄則です。ボックスティッシュ程度のものから、高さ30cm以上のものまでさまざまですが、あらかじめ何をいくつ収納したいのか確認しておくと、ボックスのサイズも絞りやすいですよ。

例えば、Wi-Fiルーターを収納したい方には2段階に分かれたハイタイプが便利。収納アイテムが決まっているのであれば、なるべく細かい部分までサイズを確認しておきましょう。

電源タップを収納する場合は、電源タップの長さと接続するケーブル・ACアダプタなどのサイズを測っておくと安心です。ケーブルボックスのなかには同一商品でS・M・Lなどのサイズ展開がされているものもあるので、間違って選ばないよう注意しましょう。

② 配線しやすいものがおすすめ

配線しやすいものがおすすめ

収納や配線しやすいケーブルボックスを選ぶことも大切です。収納方法と配線穴のデザインに注目し、スムーズに使えるものを選びましょう。カバーや蓋が大きく開き、かつ配線穴が天板や背面に直結して大きく削れているデザインのものを選ぶと、ケーブルを接続したままでも収納することができます。

また、配線穴が左右両方に備わっているタイプがおすすめです。片方しかなければ、コンセントとの位置を考慮する必要があるため、お部屋のレイアウトも限られてしまいます。コンセントそのものを隠したい場合は、サイドテーブルのようなボックスをカバーするかたちで配置するのもおすすめですよ。

③ 使いやすいものを選ぶ

ケーブルボックスの使用頻度が高ければ高いほど、利便性は重視すべきポイントです。アイテムの収納しやすさだけでなく、使いやすさや汎用性にも注目すると、ケーブルボックスがさらに便利なアイテムになりますよ。

蓋付き・隙間のあるタイプなら電源タップの操作も楽々

蓋付き・隙間のあるタイプなら電源タップの操作も楽々

電源タップのような接続ケーブルを挿し替えるアイテムを収納する場合は、開閉デザインをチェックしましょう。蓋付きタイプなら、ワンアクションで開け閉めができるためラクにアクセスできるメリットがあります。

また、電源タップ部分に隙間のあるタイプはさらに手間いらず。手を伸ばしてすぐに操作できるので、頻繁に挿し替えや電源を切替する方には特におすすめです。

充電ポート・サイドテーブルとしても使えると便利

充電ポート・サイドテーブルとしても使えると便利

「ケーブルボックス自体が邪魔になりそう…」と不安な方は、収納以外にも活用できるタイプが便利です。例えば、上部に配線穴がついたボックスなら、ボックス上にスマホを置いたまま充電が可能。

ハイタイプなら、ソファやベッドの横に設置して、リモコン・本・小型ライトなどの置き場としても活躍してくれますよ。

④ 通気性が確保できるものだと安心

通気性が確保できるものだと安心

Wi-Fiルーターのような本体が発熱するアイテムを収納する場合は、通気性がしっかり保たれるか確認しておくと安心です。熱がこもるとケーブルボックスが変形する可能性もあるため、配線穴以外の隙間・空間をチェックしましょう。

また、配線に絡まるホコリが気になる方は、掃除の際に手や道具が入る隙間を確保しておくとメンテナンスもラクになりますよ。

⑤ インテリア性にも注目しよう

インテリア性にも注目しよう

お部屋との一体感を出すために、ケーブルボックスのデザインにも注目しましょう。材質には、大きく分けて樹脂製と木製の2種類があります。価格重視なら樹脂製、インテリア性重視なら木製がおすすめです。

ほかに金属製のボックスもあり、こちらは高級感がグンと高くなります。ただし、上面が金属製の場合は電波の飛びを妨害することがあるため、無線ルーターの収納には向きません。また、見た目はおしゃれだけれど収納しにくいということがないよう、実用性もしっかりチェックしておきましょう。

本体の色は茶や黒といった暗めのデザインが多く見られますが、真っ白で透明感のあるボックスも展開されています。サイズが大きいほどお部屋の雰囲気に影響するので、おしゃれなインテリアとして楽しめるのもケーブルボックスの魅力です。

【プロが厳選】ケーブルボックスのおすすめ人気ランキング5選 【配線を綺麗に収納!】

人気のケーブルボックスをランキング形式で紹介します。なおランキングは、Amazonの売れ筋ランキング・レビュー・評判の良さなどを総合的に判断して独自に順位付けをしました。

おすすめ1位!: サンワダイレクト 200-CB006LM (¥3,480)

コンパクトサイズでデスク周りをスッキリ整頓・万能タイプ!

電源オンオフのしやすさを考慮し、表・裏両面から内部にアクセスできるよう設計された1台。サイズはコンパクトながら長めのタップを収納でき、天板はタブレット・スマホスタンドとして使用可能。底には滑り止めが施されているので、デスクなど高い位置にも安心して設置できるでしょう。

デスクはもちろん、ベッドの近くに設置してスマホ置き場として使いたい人にもおすすめです。

形状扉付きタイプ
素材木,スチール
耐荷重7kg(総耐荷重)
積み重ね可能数
容量
本体重量約1.75kg
サイズ約幅40×奥行14.5×高さ15.2cm

» サンワダイレクト 200-CB006LM (¥3,480)の詳細はこちら

おすすめ2位!: サンワダイレクト 200-CB017DBRM (¥5,980)

2WAYで使える天板が便利!機器とケーブルをしっかり収納

フラットな天板を裏返すと、タブレットを差し込むスリットが現れる2WAYタイプです。14.5cmとスリムな奥行きで、スペースを取らず邪魔にならないのがうれしいポイント。内部の棚板は位置変更が可能、ルーターやHDDなど収納するものに応じて調整できますよ。

ベッドサイトテーブルや充電台としてなど、住環境・必要性にあった使い方をしたい人にぴったりです。

形状家具タイプ
素材木(MDF),ほか
耐荷重10kg(総耐荷重)
積み重ね可能数
容量
本体重量約5.2kg
サイズ約幅40×奥行14.5×高さ52.5cm

» サンワダイレクト 200-CB017DBRM (¥5,980)の詳細はこちら

おすすめ3位!: 山崎実業 2707 (¥2,236)

見苦しいケーブルタップ周りをスッキリ収納できる上質なケーブルボックス

フタの開閉が片手でスムーズに行える使い勝手のよさ・インテリアを選ばないモダンなデザインが特徴の商品。7個口の電源タップを収納できる大きさに加え、高さもあるのでコードを差した状態でもフタがつかえる心配はありません。タップにホコリがたまりにくく、側面のスリットから排熱できる機器にやさしい設計です。

大きめの電源タップを収納できるものをお探しの人におすすめです。

形状ボックスタイプ
素材PC-ABS,シリコーン
耐荷重
積み重ね可能数
容量
本体重量約950g
サイズ約幅40×奥行15.5×高さ14.5cm

» 山崎実業 2707 (¥2,236)の詳細はこちら

おすすめ4位!: ぼん家具 ケーブルボックス (¥2,480)

デスクに温かみを添える天然桐素材

軽量かつ防虫・防腐効果が高い天然の桐を素材に使用した、木目が美しいアイテムです。長めの電源タップを収めやすい、スリムなシルエットに注目しましょう。側面に大きく開いたスリットで外側からスイッチを押しやすいので、未使用時に電源を切っておくなど、省エネ対策がしやすいのもGOOD!

天然木の温かみあるアイテムがお好みの人なら、満足すること請け合いです。

形状ボックスタイプ
素材天然木(桐素材)
耐荷重約10kg
積み重ね可能数
容量
本体重量約0.52kg
サイズ幅38×奥行15×高さ13.5cm

» ぼん家具 ケーブルボックス (¥2,480)の詳細はこちら

おすすめ5位!: Calife 北欧ケーブルボックス (¥3,080)

北欧を彷彿とさせるデザインの全竹製ケーブルボックス

品質が良い竹を採用して制作。ボックスも蓋もすべて竹製です。ボックスの竹板の厚みは0.8㎝程で、すごく丈夫です!丈夫の上で、耐久性も長いです。

形状ボックスタイプ
素材竹製
耐荷重約10kg
積み重ね可能数
容量
本体重量1.02 Kg
サイズ37 x 13 x 13 cm

» Calife 北欧ケーブルボックス (¥3,080)の詳細はこちら

おわりに:

以上今回はケーブル収納ボックスのおすすめをランキング形式で5つご紹介しました!

デスク周りが綺麗にまとめるので予算があれば購入するとより快適な暮らしになるのでおすすめです◎