Activity Indicatorでロード中の画面を作る[Xcode]

Xcode

こんにちは!

✔️今回は Activity Indicatorでロード中のクルクルの作り方をまとめておきます。

開発環境は以下の通りです。

✔︎Xcode10.2

✔︎Swift5.0

併せて読みたい記事↓↓

»【保存版】UdemyでSwiftを学べるおすすめのコース5選!

»【保存版・随時更新】Swiftエンジニアが参考にしたい求人サイト20選まとめた【新卒・インターン・第二新卒・中途・フリーランス】

Activity Indicatorのサンプル

Storyboardを使って作ります。

✔︎activity indicatorをLibraryから画面に配置します。

✔ついでにクルクル停止用のボタンもおきます。

✔︎activity indicatorをIBOutlet

✔︎buttonをIBAction

でそれぞれViewControllerファイルにつなぎます。

そしてコードを以下のようにして、シュミレータを起動してください。

起動と一緒にIndicatorがまわり始め、Buttonを押すとストップします。

おわりに

以上です!

今回はActivity Indicatorの使い方をまとめました。

いかに追加で、Activity Indicatorの分かりやすい動画があったので紹介しておきます。(全て英語です。)

本ブログでは他にもXcodeやSwiftに関する記事を書いているので参考にしてみてください〜!

併せて読みたい記事↓↓

»【保存版】UdemyでSwiftを学べるおすすめのコース5選!

»【保存版・随時更新】Swiftエンジニアが参考にしたい求人サイト20選まとめた【新卒・インターン・第二新卒・中途・フリーランス】