社内公用語が英語の企業で1年間働いてみた感想(結論: 人生が豊かになった)

こんにちは、IT企業でエンジニアをしています齋藤です。(プロフィールはこちら)

社内公用語英語の企業で働いて今月で1年になったので振り返ってみたいと思います。辛いことも多かったですが得られるものも大きかったので個人的に1年間頑張ってよかったと思います。

同じような境遇の方の参考に慣れば嬉しいです!

◆本記事内容

  • 新卒の配属先が英語公用語企業に!
  • 1年間社内公用語が英語の企業に勤めてみての感想
  • 英語コミュニケーションアップのために意識したこと6つ
  • 社内公用語英語の企業で働いて感じたメリット4つ

それではみていきましょー!

社内公用語が英語の企業で働くまで

意図せず英語企業に配属!

もともと私は新卒で社内公用語日本語の企業に就職しました。

新卒研修後に発表があり、配属先になった出向先が英語バリバリの企業でした。。チャットも会話もMTGも基本英語。。

1年前・出向前の英語スキル

TOEICとか受けたことないので、正確にはわからないのですが当時の僕の英語スキルは下記

  • 日常会話多少できる。ゆっくり話してもらったら。
  • 読み書きはスピーキングよりはまし。多少できる
  • ビジネス英語無理
  • 大学1年生の夏にサンフランシスコ留学1ヶ月間経験あり

一般的にいって、中の上?くらいのスキルだったと思います。

全く自身がないわけじゃないけど、仕事で英語大丈夫かこれ、、って思ってました。

【感想】社内公用語が英語の企業で1年間働いてみて

社内が英語の環境で働いて今月でちょうど1年が経過しました。結論英語頑張ってみて人生が豊かになったと思います。
ちょっと説明させてください

最初つら過ぎた(話すのが怖い、声震える、MTG出るの怖すぎ)

最初は話しかけられるのが怖くていつもビクビクしていました。「英語で話しかけられても言いたいことが伝えられない、、変な感じで会話が終わってしまう」

↑これを繰り返していくうちにどんどん自身を無くしていってとても辛くなりました。

MTGとかでも発言したいのに、追加で質問されたら答えれないからやめようみたいな負の感情の連鎖でやばかったです(笑)

英語が話せないのはプライドのせいだった→自身回復

このままだとやばいと思い、何か変えようと思い

上手く英語を話している人を観察していると、みんな自分のペースで落ち着いて話していることに気がつきました。

よくよく聞いていると彼らも英語が特段うまい訳ではなく、

自分のペースで伝えたいことを伝えて、あとはテキトーでOKみたいな感じでした。

「あー、そんな感じでいいんだ、自分も完璧にこだわらないで、もっと雑にやろう」とその時思いました。

英語下手なのは当たり前精神大事

それからMTGでも自分のわかる単語連発しまくって、とりあえず要点伝わればOKということにして、積極的に発言しまくりました。

そもそも僕は英語上手くないから、全部伝わらないのは当たり前と思うと気が楽になり、発言するときのプレッシャーも前ほどなくなりました。

結果1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月とどんどん自身が戻ってきて、今ではMTGも一切緊張もせず参加できるようになりました🎉

気づき
自分が英語のコミュニケーションが下手だったのは、英語のスキルではなく変なプライドで完璧にこだわっていたから

社内公用語の英語の企業で働いていくために意識したこと6つ

1. 無理して話さない

これ本当に大事だと思っています。無理して話さないこと。自分のペースで話すこと。

  • 英語が出てこなかったら一回黙る、困ったら調べる
  • 英語が聞き取れなかったら、わからないって言う。もっとゆっくり話して欲しいと伝える

2. 知ってる単語連発する

知っている単語、フレーズを使いまくるもかなりおすすめです。

今パッと思いついたもの、よく使うフレーズ(正しい英語かはわかりません(笑))

  • Currently I’m working on ~ (今〇〇をやってるよ)
  • I mean like ~ (僕が言いたいのは〜)
  • Seems like~ (〜っぽいね)

などなど。ここら辺を連呼しまくっています。

MTGで人が話しているフレーズをあとで調べたりして、ちょっとずつボキャブラリーを増やしています。

3. 英語話せないのは当たり前という感覚で、自分のペースで話す

上でも書きましたが、自分のペースで話すと楽です。無駄にはやく伝えなきゃって焦っていいことありませんでした。

4. ボキャブラリーを増やす

日々英語でチャット、MTGするので使えそうなワード、フレーズをメモしてチャンスがあれば積極的に使うようにしています。

雰囲気伝わっていそうなら次からも使います。あんまり伝わっていなそうならNGにします(笑)

5 . 積極的に話す

個人的に感じていることなのですが、英語は話さない期間が長くなれば、長くなるほど怖くなるので積極的に話すように意識しています。ボクシングで言う当て感みたいなものがある気がしていて、日々話していればいつでもとっさに話しかけられても対応できますね

6. 笑顔増やす

これ一番大切な気がします。とにかく笑顔増やして「ワイは楽しいで!」と言う気持ちを全面に出していくと相手も笑顔になって話しやすくなります

社内公用語が英語の企業で働いてみて感じたメリット4つ

社内公用語が英語の企業で働いてみて感じたメリット4つまとめてみます!

1. 海外のニュースが理解できるようになる

海外のニュースとかドラマとか字幕なしでもそこそこ楽しめるようになってきました

2. リスニング能力が飛躍的にあがる

毎日MTGやっているとリスニング力が以上に伸びた気がしています。スピーキング、ライティング力とかも成長したけど、ダントツ リスニング力が伸びました

3. 会話のノリが分かるようになった

言葉で説明するのが難しいのですが、英語のコミュニケーションのノリがなんか掴めてきました。
ジョークで笑てたり、逆に自分がウケを取れたり会話のノリがわかるようになってきました

4. 海外行くのが怖くなくなった

もはや海外にいくのが怖くなくなりました。これは個人的に朗報すぎます。これで1人でも海外旅行いけるなと。

結論: 社内公用語が英語の企業で働いてみたら人生が豊かになった

本記事はこれでおしまいです。お付き合いありがとうございましたー!
もっと英語楽しみつつ仕事も頑張りたいと思います!