プログラミング初心者におすすめなPHPを徹底解説【できること・作られた有名サービス・学び方】

プログラミング

こんにちは。平日はアプリエンジニアをしつつ、週末とか時間のある時に、最近気になることを記事にしたりしています。

先日、以下の記事を書きました。

»プログラミング初心者におすすめなJavaScriptを徹底解説【できること・将来性・作られた有名サービス・学び方】

以外と読まれているので、今回はこのPHP版を書きたいと思います。

本記事の内容:

  • PHPの歴史、できること
  • PHPの将来性・求人数
  • PHPを使って作られたサービス
  • 初心者むけおすすめのPHPの学び方

人気プログラミング言語PHPの歴史・できること

PHPは1995年に公開されたサーバーサイドのプログラミング言語です。

✔️HTML・CSS・JavaScriptなどのフロントエンド言語と違い、裏側のサーバー、データベースとかとのやりとりをする言語です。

それ以降現在まで、Web開発業界で非常によく使われるプログラミング言語に成長しています。

RubyやPythonなど他の言語と違い、HTMLファイルの中に書き込みができたり、非常に簡単に開発ができるので、初心者に人気の言語となっています。

言語の難易度的にも、非常に勉強のし易い言語です。

次に、PHPにできることですが、(ざっくりですが)

✔️Webアプリ、Webサービスの開発

です。

具体的な例を出すと、

  • フォームの作成
  • 予約システムの作成(例えばホテルの予約サイトとか)
  • SNS(Facebookとか)
  • ECサイト(Amazonとか)
  • ブログシステム(ワードプレスとか)

こんなこんな感じの開発が得意な言語です。

似たようなことができる言語だと、

  • Ruby
  • Python

あたりです。どれもサーバーサイド言語です。

基本的にできることは同じなので、好みで選べば良いと思います。

簡単にPHP・Ruby・Pythonのコードを下に書いてみます。なんとなく雰囲気わかるかと思います。

■PHP

■Ruby

■Python

プログラミング言語PHPを使って作られたサービス

PHPで作られているサービスは星の数ほどあります。ここではその中の代表的なものを紹介したいと思います。

Facebook

あのFacebookはPHPで作られています。現在はPHPから派生したHackという言語が使われているようです。

現在では有名人のMark ZuckerbergさんがPHPで初期のFacebookを開発したそうです。

2005年初期のFacebook
最初はこんなデザインだったみたいです

PHPを選んだ理由は、誰でも簡単に理解できる言語で、チームで開発し易いからとインタビューで答えています。

下の記事はFacebookのデザインの変化を過去10年間のみれて面白いですよ。

» How Facebook’s design has changed over the last 10 years

楽天市場

楽天市場も元々はPHPで開発されています。

採用ページを見た所、現在もPHPとJavaを使って開発が行われているようです。

国内最大級のショッピングアプリもPHPで開発されているということですね。

ぐるなび

ぐるなびも有名ですね、PHPを使っていることで。

Wikipedia

誰もが知っているWikipediaも。

WordPress

ブログやメディアの作成によく使われるワードプレスも。

初心者向け PHPの学び方

PHPは比較的簡単に学習できる言語です。少しでも興味を持ったらまずは小さく始めてみましょう。

PHPの勉強の仕方のおすすめは以下です。

✔️PHPの基礎を学ぶ → インターン(orバイト)に行って実務経験を積みながら学ぶ

です。

インターンに行って働きながら学ぶのがおすすめです。インターンに行くと、独学では学べない貴重な経験ができます。エンジニアとしてのスキルは間違いなく上がります。

なので、プログラミングの基礎を自力orスクール等を使って、なるべく早く学ぶ→インターンに行く

のルートが良いです。

インターンに行くためには、面接に通らなければいけません。

実績のない初心者場合、普通に面接をしたら落ちるので、スキルを証明するために、自分で何かしらの成果物(ポートフォリオ)を作る必要があります。

インターンに行くまでのおすすめは下の2パターンです。

■1.完全独学スタイル→自身のある人におすすめ

まずProgateとドットインストールでプログラミングの基礎を学ぶ。目安は3ヶ月。その後1,2ヶ月で自分で何かしらの成果物(webサイト、アプリなど)を作り面接に挑む。

■2.お金は少しかかるが、確実に結果を出したい人→失敗したくない人向け

プログラミングの独学の挫折率は90%以上なんて言われています。確かにプログラミング独学は挫折ポイントが多いので、失敗する確率が高いのは事実です。

とりあえずインターンに行くまでは絶対に失敗したくない!という人は以下のルートがおすすめです。

  1. プログラミングスクールの無料体験を受講する
    →テックアカデミー(TechAcademy)なら1週間オンラインで無料受講可能
  2. 無料体験で勉強の仕方を学んでその後、大丈夫そうならProgateとかドットインストールで独学で、最後に成果物を作るでもOK。もし不安ならプログラミングスクールに入るのが良い。最低限卒業と一緒にアプリを作れるので、成果物が作れます。それを下にインターンの面接にいけます。

まとめ

以上です!

今回はプログラミング言語PHPについて解説してきました。

少しでも興味を持ったらまずは始めてみるのがおすすめです〜〜!

その他おすすめ記事:

» [保存版]プログラミング超初心者におすすめの勉強法まとめ~挫折しないで継続することが大切

»【目安】プログラミング独学でエンジニアになるまでの期間【最短半年】

» 【保存版】プログラミング独学で人気企業に就職するロードマップ【必要期間は2年です】