プログラミング初心者におすすめなJavaScriptを徹底解説【できること・将来性・作られた有名サービス・学び方】

プログラミング

人気プログラミング言語JavaScriptとは

JavaScriptは1995年に公開されそれ以来人気のあるプログラミング言語です。

近年までは、Webのデザインに使われることが多い言語でしたが、

最近はJavaScriptにできることが、どんどん増えていき現在では、

  • サーバーサイド
  • ゲーム開発
  • iPhoneアプリ
  • Androidアプリ

などできることがめちゃくちゃ多くなっています。

いわば万能言語といった感じで、大体のプログラミングができてしまいます。👌🏻

そのためJavaScriptは最近めちゃくちゃ注目されています。

またJavaScriptは比較的簡単な言語のため初心者がとっつきやすい言語とも言えます。

もし何の言語やろうか迷っている人いましたらJavaScriptおすすめですよ。

サーバーサイド、フロントエンド、アプリ開発など幅広くでき、多くの企業が使っているので、やっておいて損はないですね。

プログラミング言語Javascriptを利用している主なサービス

上で話したようにJavaScriptは多くの企業が利用しています。

というかWebサイト持っている会社だとほぼ100%デザインの部分で使ってますよね。

他にもサーバーサイド言語(Node.jsというものがあります)で使っている企業は、

  • Netflix(ネットフリックス)
  • PayPal(ペイパル)
  • Trello(トレロ)
  • Uber(ウーバー)
  • LinkedIn

など名だたる企業が利用しています。

NetflixとかUberとか世界のビッグネームが使っているのすごいですよね。

» Top Companies That Use Node.JS in Production

JavaScriptはiOSやAndroidのスマホアプリ開発にも使われています。

React NativeというFaceBook社が開発しているプラットフォーム上で開発をすることができます。

あのFaceBook社が開発しているということもあり、多くの企業に利用されています。

Java Script(React Native)でスマホアプリを開発している企業には、

  • FaceBook
  • Instagram
  • Pinterest
  • Bloomberg
  • Skype
  • Tesla
  • Uber
  • Walmart
  • Wix.com

UberはスマホアプリもJava Scriptですね笑

その他にも名だたる企業がアプリにも使ってます。

FaceBookすごい、、。

サーバーサイドも、バックエンドもスマホアプリも作れて、

言語の難易度も比較的簡単なの最高ですよね。

プログラミング言語Javascriptの将来性

JavaScriptの将来性は正直めちゃめちゃあると思います。

現在求人の数も多いですし、できることも多いし、言語簡単なので、みんな好んで使うと思います。

プログラミングを始めようか迷っている人はJava Scriptやっといて本当に損はないと思います。

JavaScriptの学び方

Java Scriptの勉強の仕方のおすすめは以下です。

✔️Java Scriptの基礎を学ぶ → インターン(バイト)に行って実務経験を積みながら学ぶ

です。

まずは自分で基礎を学んで、インターンに行く準備をします。

インターンに行くためには、面接に通らなければいけません。

実績のない初心者場合、普通に面接をしたら落ちるので、スキルを証明するために、自分で何かしらの成果物(ポートフォリオ)を作る必要があります。

インターンに行くまでのおすすめは下の2パターンです。

■1.完全独学スタイル→自身のある人におすすめ

まずProgateとドットインストールでプログラミングの基礎を学ぶ。目安は3ヶ月。その後1,2ヶ月で自分で何かしらの成果物(webサイト、アプリなど)を作り面接に挑む。

■2.お金は少しかかるが、確実に結果を出したい人→失敗したくない人向け

プログラミングの独学の挫折率は90%以上なんて言われています。確かにプログラミング独学は挫折ポイントが多いので、失敗する確率が高いのは事実です。

とりあえずインターンに行くまでは絶対に失敗したくない!という人は以下のルートがおすすめです。

  1. プログラミングスクールの無料体験を受講する
    →テックアカデミー(TechAcademy)なら1週間オンラインで無料受講可能
  2. 無料体験で勉強の仕方を学んでその後、大丈夫そうならProgateとかドットインストールで独学で、最後に成果物を作るでもOK。もし不安ならプログラミングスクールに入るのが良い。最低限卒業と一緒にアプリを作れるので、成果物が作れます。それを下にインターンの面接にいけます。

まとめ

以上です。今回はプログラミング言語JavaScriptについて色々話してきました。

少しでも興味を持ったらまずは小さく勉強をはじめてみましょう〜〜!