[プログラミング]作りたいものがない問題にどう対処するか

こんにちは!

仕事や会社でiPhoneのアプリ開発をしています。

今回の記事では、

プログラミングを始めて、少しするとぶつかる

“なんか作りたいものがないし、どうしよう。。”

とういう問題に対して、どのように対処するべきかについてまとめたいと思います。

実際に私もこの問題にぶちあたりましたし、私の友人でプログラミングを勉強中の友達からも相談されたことがあります。

私や友人のように悩んでいる方は参考にしてみてください〜。

プログラミングを学ぶ目的を考える

プログラミングを勉強していて、作りたいものがないという状態になったら、プログラミングを勉強する目的を考えるのがオススメです

いくつかの例を紹介します。

ケース1: とにかくエンジニアになりたい

とにかくエンジニアになりたいんです!!

っていうパターン。結構いると思います。僕も割とこんな感じでした。

この場合はあまり、作りたいものがないことは気にしない方が良いと思います。

理由がなんであれ、とにかくエンジニアになりたいのであれば、働けるスキルを身につけることに集中すべきだからです。

イメージとしては、作りたいものがあろうがなかろうが、仕事に役に立ちそうで、そんなに難しくない言語で、色々作れるものを作りまくる

でOkです。

例えば、HTML、CSS、Javascriptで、かっこいいwebサイトのフロント部分10個作るぞーーとか、

PHPとMySQLでバックエンドエンジニアになりたいから、Webアプリ5個とにかく作る。

iOSエンジニアになる->とりあえず画像表示、マップ表示、慣れてきたらタスク管理アプリ、インスタみたいなデザインのアプリを作る

↑こんな感じで、とにかく働くために、作りたいものではなく、作れるものを片っ端から作っていく作戦です!

ケース2: プログラミングをまずは楽しみたい

目的が仕事どうこうよりまずは、

プログラミングを楽しみたい!

という場合は、もう1度徹底的に、何のプログラミング言語を学べばどんなことができるのか調べなおしましょう。

調べれば調べるほど出てくるはずです。

そして、1番大事なのは、ちょっとでも楽しそうと思ったら試してみることです。

これが地味に大事だと思っていて、意外と触ってみると好きになることがあると思います。

私は元々、PHPでサーバーサイドの開発良いなーと思っていたのですが、

他にもRubyやJavascript、Androidなどなどちょっと興味を持ったら時間のあるときにチュートリアルをやってみたりしてました。

その中でiPhoneのアプリの勉強をしてみたらどハマりしました。それ以来基本的にずっとiOSエンジニアをやっています。

あとちょっと話がそれるかもなのですが、

モテそう、かっこいい、友達に自慢できるなどから勉強するのも個人的にはありだと思います。

・例えば、学校の友達が遊べるゲームを作って目立ちたい
・おしゃれな自分のウェブサイトを作ってそれを Twitterとかにのせてセンスある人と思われたい

とか(笑)

意外とこういうのもモチベーションが続くのでいいと思っています。

短期間のゴール設定をすると良い

作りたいものがない問題の本題から少し離れるかもですが、

プログラミングを勉強するときは、短期間の目標を立てるのがオススメです。

例えば、フロントの勉強をして、次の夏休みに東京のキラキラしたいけてるオフィスでおしゃれなウェブサイトを作りながらお金稼いで、Twitterでマウントを取るとかです(笑)

ゴールは何でも良いと思います。自分が少しでもワクワクかっこいいなと思うゴールを調べて、それに向かってプログラミングを勉強すると良いと思います。


まとめ

以上です。今回はプログラミング学習をしているとぶつかる、

結局何を作って良いか分からない問題

について記事を書きました。

簡単にまとめると、

  • 1度プログラミングを勉強する目的を落ち着いて考える
  • 目的に合わせて行動する。必ずしも作りたいものがないからといって悩まなくて良い

です。

以上です!!!

本ブログでは他にもプログラミングに関する記事を書いているので参考にしてみたください〜〜!