プログラミングを20代でやるとどんな良いことがあるのか【最強】

プログラミング

こんにちは。日々アプリエンジニアをしつつ、たまに記事を書いたりしています。

今回は

✔️プログラミングを20代で始めるとウハウハな生活が送れる(マジメに)

というテーマでお話したいと思います!

私自身が20代で現役でエンジニアをしているので、リアルな話ができると思います。

数分で読み終わるかと思います〜〜!

プログラミングを20代で始めると良いこと3つ

プログラミングを20代でやることにはたくさんメリットがあると思いますが、今回は私の経験をもとに、3つのメリットを紹介します。 

【メリット1】稼げる

1番目のメリットは、稼げる点です。笑

20代のうちからそこそこ良い給料をもらえる業界はそんなにないのではないでしょうか。不動産営業、外資系コンサルなどなどくらいですかね。

20代の新卒の給料ってだいたい月20万円前後くらいですが、プログラマだと、

  • DeNA新卒→500万円~1000万円(月40万円~100万円)
  • サイバーエイジェント新卒408万円(月34万円)
  • Yahoo! JAPAN新卒427万円万円(月35万円)
  • Gree新卒420万円(月35万円)

こんな感じです。1年目から都内でも一等地のマンションに住めます。

よく若いうちは時間はあるけどお金がないなんてこと言いますが、web系の企業でエンジニアをやれば若くてお金が使えます。あと結構ホワイトな企業が多いです。

【メリット2】食いっぱぐれない

二つ目のプログラミングをするメリットは食いっぱぐれないです。

現在ITのエンジニア不足は深刻な問題になっています。

需要はめちゃめちゃあるのにエンジニアの数が全然足りていません。

そして、エンジニアは経験を積めば積むほどスキルが蓄積し、転職もガンガンできます。

仮に会社がちょっとあわないな、、ってなったら転職とかも全然ありです。

web系の平均勤務年数って2~3年とかですしね。

【メリット3】アップサイドが無限大

3つ目は、エンジニアを20代でやっておけば、キャリアの上限が無限になります。

どういうことかというと、

普通のサラリーマンの場合だと、

✔️40代で600~700万円くらい50代で700-900万円

一方エンジニアを20代で始めれば、

✔️フリーランスで2000万円

✔️起業して数千万円~無限

みたいなことが可能です。

もちろん他業種でも、起業やフリーランスは可能ですが、IT業界ほど勝率が高く、成功者が多い業界って他にそうないですよね。

プログラミングを20代で始めよう

以上の点から20代でプログラミングを始めることはとてもおすすめです。

私自身も新卒で入社した会社で400万円以上もらえ、現在転職も考えているのですが、600とかいけるかもです。まだ20代真ん中あたりなので、割といい感じだと思います。

で、これを聞くと頭良い人しかできないんでしょ、、みたいに思われるかもですが、全然そんなことはないです。

ちゃんとコツコツ勉強できる人なら誰でも可能です。私自身が文系でプログラミングのプも知らない状態で2年間ほど、諦めずに一生懸命勉強したら結果が出ました。

プログラミングの始め方

経験上、私のおすすめのプログラミングの勉強の始め方は極めてシンプルです。

✔️とにかくモチベーションを落とさず挫折しないように継続する

です。

具体的には、

自学できる人は、

のどちらか使いやすい方を使う。

絶対に挫折したくない&パソコン自体そんなに得意じゃないって人は、

テックブーストとかのオンラインのプログラミングスクールに入る。

がおすすめです。

Progateやドットインストールは、無料プランで始めれます。

プログラミングスクールは、すぐに入るのではなく、とりあえず体験レッスンを受けるのが良いです。

>> テックブースト公式サイト

[まとめ] 少しでも興味を持ったら、とりあえず始めてみよう

以上です。今回は20代でプログラミングをやると良いことがたくさんあるよという話をしました。

少しでも役に立つような記事になっていると嬉しいです!

それではまた次回〜〜!

併せて読みたい記事:

»【目安】プログラミング独学でエンジニアになるまでの期間【最短半年】

» 【保存版】プログラミング独学で人気企業に就職するロードマップ【必要期間は2年です】