[アプリ開発超入門] xcodeシミュレータの立ち上げ方

Xcode

こんにちは!

仕事や個人でiPhoneアプリを作ったりしています。

今回の記事では、

Xcodeのシュミレータの立ち上げ方を紹介します。

シュミレータとは

シュミレータとは、iPhoneアプリの開発に使うXcodeで使えるものです。

どんなことができるかというと、

作成中のアプリの動作確認を、iPhoneXやXRなど仮想のデバイスで行えます。

なので、

実機のiPhoneを持っていなくても、Xcodeの中でiPhoneの動きを確認できます。

では実際に、Xcodeでシュミレータの使い方を確認しましょう!

Xcode シュミレータの使い方

まずなんでも良いので、Xcodeでプロジェクトを作成します。



矢印の先のiPhone+機種名が書かれたところをクリックします。

様々な機種でシュミレータを立ち上げることができます。

本記事ではiPhone XRにしますが、好きなものを選んでOKです。

機種を選んだら、矢印の先の三角ボタンを押します。このボタンでシュミレータを立ち上げることができます。

初回起動時は少し時間がかかります。

上の画像のような画面(iPhoneXR)ができれば、

シュミレータの起動は成功しています。

iPhoneのアプリの開発では、このシュミレータを立ち上げて、

アプリの動画確認をしていきます。

シュミレータの大きさの調整は4つの角のどこかを引っ張れば可能です。

シュミレータを止める

Xcodeのシュミレータの止め方は簡単です。

矢印の先の■のボタンを押します。

これでシュミレータは止まります。

※補足

・command + R でシュミレータ起動

・command + . でシュミレータ止める


シュミレータは普通のiPhoneと同じ

Xcodeで作ったシュミレータは実際のiPhoneのように使うことができます。

例えば、

  • Safariを使う
  • インスタグラムを使う
  • Gmailを使う
  • Twitterを使う

などなどできます。

これらを使って、Twitterログイン機能を試したり、アプリでSafariを開いたりできるようになります。

safariを開けます

まとめ

以上です( ^∀^)

今回はXcodeのシュミレータの立ち上げ方をまとめました。

本ブログでは他にもチュートリアル記事など作っているので、参考にしてみてください〜!

参考:

Getting Started in Simulator – Apple Developer