【2020年】Ruby on Railsが学べる本7選+その他学習サイト5選【人気本・サイトまとめ】

こんにちは。先日書いた記事(【2020年】Swift・iOS開発が学べる本6選【ジャンル別・人気本】)が好評だったので、

今回はRuby on Railsが学べる本や学習サイトについてまとめてみます😇

■Ruby on Railsについてまだ詳しく知らない方は下記記事が参考になるかもです

併せて読みたい記事↓↓

»【10コース受講済み】Udemyでプログラミングを学ぶのは効率が良い理由【言語別おすすめコースも紹介】

Ruby on Railsが学べる本7選

それではまとめてみていきましょう!

1.現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド


現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

■目次:

<入門編>
Chapter 1 RailsのためのRuby入門
Chapter 2 Railsアプリケーションをのぞいてみよう
Chapter 3 タスク管理アプリケーションを作ろう

<レベルアップ編>
Chapter 4 現実の複雑さに対応する
Chapter 5 テストをはじめよう
Chapter 6 Railsの全体像を理解する
Chapter 7 機能を追加してみよう

<発展編>
Chapter 8 RailsとJavaScript
Chapter 9 複数人でRailsアプリケーションを開発する
Chapter 10 Railsアプリケーションと長く付き合うために

■価格:

  • ¥3882(書籍)
  • ¥3637(Kindle版)

■参考URL:

2.独習Ruby on Rails


独習Ruby on Rails

■目次:

Chapter 1 Rails概要
Chapter 2 オブジェクト指向とRubyの基本
Chapter 3 Railsの起動と簡単なアプリケーションの構築
Chapter 4 Rails全体の仕組み
Chapter 5 モデルに命を与えるActive Record
Chapter 6 モデルに実装すべき役割
Chapter 7 モデルを豊かにする仕組み
Chapter 8 ルーターとコントローラー
Chapter 9 コントローラーによるデータの扱い
Chapter 10 Action View
Chapter 11 ビューを支える機能
Chapter 12 その他のコンポーネント
Chapter 13 Active SupportとRailsのテスト

■価格:

  • ¥3960(書籍)
  • ¥3762(Kindle版)

■参考URL:

3.たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門


たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門

■目次:

CHAPTER 1 イントロダクション

CHAPTER 2 コントローラーの基本

CHAPTER 3 ビューの基本

CHAPTER 4 データベースの基本

CHAPTER 5 モデルの基本

CHAPTER 6 日記アプリの作成(表示編)

CHAPTER 7 日記アプリの作成(登録編)

CHAPTER 8 検証機能の実装

付録 Ruby on Railsへの理解を更に深める

■価格:

  • ¥2226(書籍)
  • ¥2226(Kindle版)

■参考URL:

4.10日でおぼえる Ruby on Rails入門教室


10日でおぼえる Ruby on Rails入門教室

■目次:

第0日 オリエンテーション

Webアプリケーションの基礎知識
Instant Railsのインストール
RadRailsのインストール

第1日 RubyとRailsの基本

1時限目 Instant Railsのirbの動作確認
2時限目 Rubyの基本
3時限目 Rubyのメソッドとクラス
4時限目 Railsの基礎知識

第2日 Railsの開発方法を理解する

1時限目 プロジェクトの作成
2時限目 データベースの作成
3時限目 スキャフォールドの作成

第3日 Railsを国際化対応させる

1時限目 入力の検証処理を追加する
2時限目 MySQLの既定の文字コードをutf8に設定する
3時限目 Ruby-GetTextの導入
4時限目 Ruby-GetTextの組み込み
5時限目 スキャフォールドの修正

第4日 テストを利用して開発する

1時限目 テストの準備をする
2時限目 ユニットテスト
3時限目 ファンクショナルテスト

第5日 ファイルを扱う

1時限目 ファイル格納用テーブルの作成
2時限目 ファイルアップロードの実装
3時限目 ファイルダウンロードの実装

第6日 メールを利用した更新

1時限目 ActionMailerとメールによる更新
2時限目 メール取得処理の実装
3時限目 添付ファイルの利用

第7日 AjaxとRJS

1時限目 Ajaxを利用した問い合わせ
2時限目 script.aculo.usの利用
3時限目 RJSを利用したクライアントサイドスクリプト

第8日 認証処理とプラグイン

1時限目 acts_as_authenticatedプラグインの導入
2時限目 アクセス制御の実装
3時限目 インテグレーションテストの作成

第9日 Webサービスの利用

1時限目 「Yahoo!Webサービス」利用の準備
2時限目 「Yahoo!地図情報」Webサービスの利用
3時限目 「Yahoo!地図情報」ローカルサーチAPIの利用

第10日 学習のまとめと次へのステップ

1時限目 復習を兼ねたゲームアプリの作成
2時限目 次のステップへのヒント

■価格:

  • ¥3080(書籍)

■参考URL:

5.Ruby on Rails 5 超入門


Ruby on Rails 5 超入門

■目次:

CHAPTER 1 イントロダクション

  • 01 Ruby on Rails について知ろう
  • 02 Railsアプリ開発に必要なソフトウェア
  • 03 VS Codeをインストールしよう
  • 04 Rubyをインストールしよう
  • 05 SQLiteをインストールしよう
  • 06 Ruby on Railsをインストールしよう

CHAPTER 2 コントローラーの基本

  • 01 アプリケーションを作成しよう
  • 02 コントローラーを作成しよう
  • 03 ルーティング情報を設定しよう

CHAPTER 3 ビューの基本

  • 01 ビューを分離しよう
  • 02 レイアウトで共通デザインを定義しよう

CHAPTER 4 データベースの基本

  • 01 データベースの基本知識を学ぼう
  • 02 SQLiteでデータベース上にテーブルを作成しよう
  • 03 基本のデータ操作文を理解しよう

CHAPTER 5 モデルの基本

  • 01 データベースへの接続設定をしよう
  • 02 O/Rマッピングの基本を理解しよう
  • 03 モデルクラスを作成しよう
  • 04 テストデータを準備しよう
  • 05 モデルクラスにアクセスしよう

CHAPTER 6 日記アプリの作成(表示編)

  • 01 Scaffoldingでアプリのひな型を作成しよう
  • 02 日記データの一覧表示の設定をしよう
  • 03 日記データの個別表示の設定をしよう

CHAPTER 7 日記アプリの作成(登録編)

  • 01 日記データの登録を行おう
  • 02 日記データを更新しよう
  • 03 日記データを削除しよう

CHAPTER 8 検証機能の実装

  • 01 検証ルールを実装しよう
  • 02 検証結果による処理の振り分けを設定しよう
  • 03 独自の検証ルールを実装しよう

付録 Ruby on Railsへの理解を更に深める

■価格:

  • ¥2970(書籍)
  • ¥2670(Kindle版)

■参考URL:

6.パーフェクト Ruby on Rails


パーフェクト Ruby on Rails

■目次:

Part 1 Rails ~ overview
1章 Ruby on Railsの概要
 1-1 Railsを使う前に
 1-2 Railsの思想
 1-3 Railsをはじめよう!!
 1-4 scaffoldを使ってRailsでの開発を体験しよう

2章 Ruby on RailsとMVC
 2-1 MVCアーキテクチャ
 2-2 モデル
 2-3 コントローラの役割
 2-4 ビューの役割
 2-5 MVCについてのまとめ

Part 2 実践テクニック
3章 アセット
 3-1 Sprockets
 3-2 CoffeeScript
 3-3 Sass
 3-4 Turbolinks

4章 Railsのロードパスとレイヤーの定義方法
 4-1 MVC以外の構成要素の扱い
 4-2 レイヤーを追加するgemの例

5章 開発を効率化するgem
 5-1 サンプル用のRailsプロジェクトを用意する
 5-2 PryをRailsのコンソールとして利用する
 5-3 Hirbを使ってコンソール上のモデルの出力を整形する
 5-4 Better Errorsでエラー画面をよりリッチに表現する
 5-5 Springでコマンドを高速化する
 5-6 rails-erdでモデルのER図を生成する

Part 3 実践Webアプリケーション開発
6章 Railsアプリケーション開発
 6-1 イベント告知アプリケーションを作る
 6-2 アプリケーションの作成と下準備
 6-3 OAuthを利用して「Twitterでログイン」機能を作る
 6-4 イベントの登録機能を作る
 6-5 イベントの閲覧機能を作る
 6-6 イベントの編集・削除機能を作る
 6-7 登録されたイベントへの参加機能,参加キャンセル機能を作る
 6-8 退会機能を作る 
 6-9 落穂ひろい
 6-10 gemで機能拡張をする

7章 Railsアプリケーションのテスト
 7-1 なぜテストコードを書くのか
 7-2 minitest/RSpec
 7-3 テストを実行するための環境を整える
 7-4 モデルのテスト
 7-5 コントローラのテスト
 7-6 ビューのテスト
 7-7 エンドツーエンドのテスト
 7-8 JavaScriptのテスト
 7-9 TDDの考え方
 7-10 CI(継続的インテグレーション)
 7-11 カバレッジと静的解析

8章 Railsのインフラと運用
 8-1 はじめに ── DevOpsとは何か?
 8-2 VagrantでローカルにVMを作る
 8-3 Chefを用いた本格的なサーバ構成管理
 8-4 デプロイをする
 8-5 New Relicによるアプリケーションの監視
 8-6 serverspecとインフラのテスト
 8-7 終わりに

Part 4 一歩先行くRails
9章 より実践的なモデルの使い方
 9-1 アーキテクチャパターンから見るRails
 9-2 複雑なバリデーションとコールバックを整理する
 9-3 DBに依存しないモデルを作るActiveModel
 9-4 値オブジェクト
 9-5 Concern
 9-6 サービスクラス 
 9-7 終わりに

10章 Railsを拡張する
 10-1 Railsを支えるgemたち
 10-2 Rack Middlewareを作る
 10-3 プラグインを作る – Railtieについて 
 10-4 終わりに 

付録 仮想マシンの構築とRubyのインストール方法
 A-1 Ubuntu DesktopをVirtualBox上にインストールする 
 A-2 rbenvを使ってRubyをインストールする

■価格:

  • ¥3168(書籍)
  • ¥3168(Kindle版)

■参考URL:

7.Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング


Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

■目次:

第1章 イントロダクション

第2章 Ruby on Railsの基本

第3章 Scaffolding機能によるRails開発の基礎

第4章 ビュー開発

第5章 モデル開発

第6章 コントローラー開発

第7章 ルーティング

第8章 テスト

第9章 クライアントサイド開発

第10章 Railsの高度な機能

■価格:

  • ¥3960(書籍)
  • ¥3960(Kindle版)

■参考URL:

本以外でRuby on Railsが学べるサイト5選

本以外でRuby on Railsを学べる方法をまとめます。

1.Youtube

YoutubeにはRuby on Railsのチュートリアル系の動画がたくさんあります。参考までに動画をいくつか載せておきます。

Rails tutorialとかで検索するとたくさん出てきます。

2.Udemy(ユーデミー)

1コース買い切りの動画学習サイトです。価格は1000円〜3000円くらい。

私もこれまで10コース以上購入してきました。

コースのクオリティが非常に高く、実践的なコースが多いのでおすすめです。

例えば下記のコースとか。気になる人はUdemyでRuby on Railsを調べてみてください。

» Udemy

3.ドットインストール

ドットインストールは月額980円の動画学習サイトです。Udemyに比べて初歩的な動画が多い印象です。

ドットインストール

4.Progate

動画以外のWebサービスだとProgate(プロゲート)が良いです。

月額980円でRuby on Railsの基礎を学ぶことができます。

5. Railsチュートリアル(強い人向け)

有名なRailsチュートリアルにチャレンジするのもありです。難易度は高めですが勉強になります。

多少プログラミング経験があるのならチャレンジしてみても良いかもです。

Ruby on Railsチュートリアル