【20代で資産形成】始めるのだ!!

皆様こんばんは。アライさんです。

年金だけでは足りないから、2000万円老後資金として必要だ。

皆様もまだ記憶に新しい金融庁による発表。

金融庁のとある発表

金融庁の金融審議会がまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」(2019/06/03)によると、「95歳まで生きるには夫婦で約2000万円不足」と試算しています。

この報告書を政府は受け取らず、挙げ句の果てに金融庁の課長が謝罪するという事態にまでなりました。

識者とお金を集めて作成した報告書なのにここまで否定するのは、

「これまで年金制度は破綻しない」と言い張ってきたのが否定されたからでしょう。

おそらく実際に騒いだのはすでに年金受給開始した世代、もしくはその直前の世代だと思います。

完全に安心してたのに裏切られたようなものですからね笑

閑話休題。

社会に出て会社勤めなら何年働くのか

ストレートでいけば(私はストレートじゃありません)大卒で23歳、高卒で18歳から働き始めますが、定年再雇用制度で最高65歳まで働いたとしましょう。

大卒は42年、高卒なら47年働くことになります。

65歳までに2000万円貯蓄するとなると、大卒なら毎年約48万円、高卒は約43万円です。

20代で年間40万円以上の貯蓄は大変ですが、年次が上がれば給料も上がるのが日本の特徴なので、「年間48万として、月4万円ずつの貯金くらいなら出来そうでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、以下の記事でも紹介している通り、経団連のトップである中西宏明会長が「終身雇用は制度疲労を起こしている」とコメントしています。

あと、単純に現時点で4万円毎月コンスタントに貯金できている20代はそんなにたくさんいるのでしょうか?

かくいう私も新生活で家の初期費用や家具家電を揃えたりしてかなりクレジットカードの分割払いという負債を抱えており、現金はあるものの実態は毎月赤字です。

給料が入っても手元に残るのは…

10月からは奨学金の返済が始まりますし、年金は既に5月から毎月20,000円天引きされています。

となると別の方法でお金を増やさなくてはなりません。

最初は会社に隠れて知り合いの焼肉屋で週末バイトでもしようかと思いました。

ですが私が入社したのは「副業禁止」の会社です。

バレたら確実に懲戒ものですね笑

となると次の手として株や国債など、投資が思い浮かびました。

投資のメリット

・市場の勉強になる→本業に活かせる

・勉強がそのまま成果になる

・拘束時間が短く利益を出せる

・株なら配当の他に優待券がもらえる銘柄もある

・利益をそのまま追加入金なしで元手に組み込める

投資のデメリット

・勉強不足だと損ばかりする

・初期費用が高い(100株単位購入で、1株1000円以上とかもよくある)

ざっと思い浮かぶのはこのぐらいですかね。

偉そうに語ってますが、実際私はまだ株式投資も始めてません。

このブログですること

よって本ブログでは「ズブの素人が勉強して実際に利益を上げていく過程を赤裸々に書き綴る」ことを目標に更新していきたいと思います。

株を始めようと思ってもあんまりリアルタイムで稼ぐまでの過程をシェアしてる方がいらっしゃらないようだったので、ならば私がという感じです。

勉強不足などあると思いますので、皆様のオススメの本、投資哲学などございましたらご教示いただけますと幸いです。

次回は私の現在の資産状況を割と細かく書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。