【言語別】 プログラミングするなら知っておきたいWebフレームワーク7選!

こんにちは。平日はアプリエンジニアをしつつ、週末のあいた時間に記事を書いたりしています。

今回はWebフレームワークを言語別に紹介する記事になります!

各フレームワーク勉強できるチュートリアルサイトも一緒に紹介したいと思います。

それではみていきましょう〜!

【確認】プログラミングのWebフレームワークとは

まず確認ですが、プログラミング言語にはWebフレームワークと呼ばれるものがあります。

一言でまとめると、

✔️Web開発を簡単にできるようにするツール

みたいな感じです。

例えば、

  • ログイン機能
  • 投稿機能

とかを普通にプログラミング言語を使って書くより、シンプルに書くことができます。

フレームワークを使うと良いことは、

  • 開発速度が上がる
  • コードがシンプルになってみんなが読みやすいコードになる

とかがあります。多くの企業で使われています。

ではどんなフレームワークがあるかみていきましょう。

【プログラミング言語別】代表的なWebフレームワーク

言語別にWebフレームワークを紹介していきます。

Rubyのフレームワーク

Rubyのフレームワークは以下の2つです。

Ruby on Rails

Webフレームワークの定番・王道です。最も人気で利用されているフレームワークだと思います。

スタートアップとかでめちゃめちゃ使われています。

日本語ドキュメントが充実しているので、初心者にもおすすめのフレームワークです。

Railsで作られているサービスの代表格は、

  • Twitter
  • クックパッド
  • hulu

とかがあります。他にも多くのサービスで利用されています。

参考:

»Ruby on Rails公式チュートリアル

» Rails Girlsチュートリアル

Sinatra

SinatraはRailsより軽量なフレームワークです。小規模なアプリを作りたいときに使います。

Railsは何でもかんでも用意してくれるのに対し、Sinatraは1つずつ作っていくイメージです。

とは言え、Rubyで1から作るよりかはSinatra使った方が効率が良いので、Railsとうまく使い分けられると良いです。

参考:

» Sinatra公式サイト

» SinatraでとりあえずWebアプリを立ち上げてみる

PHPのフレームワーク

次はPHPのフレームワークを紹介します。

CakePHP(ケイクピーエイチピー)

CakePHPはPHPのWebフレームワークの中で非常に人気の1つです。

CakePHPはRuby on Railsから影響を受け作られており、Railsに似たフレームワークです。なので後からRailsを勉強する時も概念は似ているので、比較的簡単に勉強できそうです。

次に紹介するlaravel(ララベル)が海外で人気なのに対して、日本ではCakePHPが人気です。

» CakePHP公式サイト

»ブログ作成チュートリアル(公式)

laravel(ララベル)

Laravel(ララベル)もCakePHPと同じくらい人気のフレームワークです。特に海外で人気で、最近日本でも使われるようになってきています。

» Laravel公式サイト

»Laravelの基本を1通り学ぶチュートリアル

Pythonのフレームワーク

次はPythonのフレームワークを紹介します。

Django(ジャンゴ)

Django(ジャンゴ)はPythonで1番人気のWebフレームワークです。

RubyでいうとRailsみたいな立ち位置です。下で紹介するFlask(フラスク)がSinatraみたいな感じです。

大規模のWebアプリを開発する場合Djangoを使うと良さそうです。

» Django公式サイト

» はじめての Django アプリ作成(公式)

Flask(フラスク)

Flaskは軽量のアプリを作りたいときに使うフレームワークです。

RubyでいうところのSinataraみたいな感じです。

» Flask公式サイト

» Flaskの簡単な使い方 – Qiita

JavaScriptのフレームワーク

最近Web開発で利用されるようになってきたJavaScriptのフレームワークです。

express.js

express.jsはjavascriptでのweb開発で利用される人気のフレームワークです。

ドキュメントが充実しているので一度目を通してみると良さそうです。

» express.js公式サイト

» ゼロからはじめるExpress + Node.jsを使ったアプリ開発

フレームワークは多くの企業が利用しているので学ぶ価値あり

Webフレームワークは多くの企業が利用しているので、学ぶ価値あります。

例えば,

  • Wantedly → Ruby on Rails
  • 食べログ → Ruby on Rails
  • ココナラ → CakePHP
  • Base → CakePHP

とかです。

詳しくは [53選]国内注目のWebサービス・アプリを大調査! プログラミング言語、フレームワーク、アーキテクチャの一覧【2017年】 をみてください。

フレームワークはあくまでもツール

これまで言語別にフレームワークを紹介してきました。フレームワークはあくまでもツールなので、自分が使いやすいもので何でも良いと思います。

フレームワーク選びはなる早で終わらせて、コードを書いていきましょう👌🏻

 [まとめ] プログラミングをするならフレームワークも勉強しよう

以上です!いかがでしたか? 今回はwebフレームワークの代表的なものを紹介してきました。

Webフレームワークを使えるようになると、就職や開発効率アップとか良いことだらけなので、ぜひ勉強してみてください〜〜!

それではまた〜!