【経験談】プログラミングを独学で効率よく学びエンジニアになる方法【おすすめ言語・挫折しない学び方】

プログラミング

プログラミングを独学で学ぶと挫折しやすい

プログラミングの挫折率は異常です。

プログラミングを始めて数ヶ月で9割が挫折するとも言われています。

挫折する理由は色々あると思うのですが、主要なものだと、

  • 参考書が難しすぎる
  • 参考書通りに書いたのにエラーが出て進めなくなった。。
  • 覚えることが多すぎる…
  • 質問できる人がいない
  • モチベーションが保てない

ここらへんだと思います。

特に独学だと質問できる人がいないとかはかなりキツイですよね。モチベーションが保てないのもあるあるだと思います。

【挫折回避】独学でもとっつきやすいプログラミング言語

一口にプログラミングと言っても、

  • Web開発→PHP, Ruby, Python
  • iPhoneアプリ開発→Swift, Objective-C
  • Androidアプリ開発→Java, Kotlin
  • ゲーム開発→C#, JavaScript, Java
  • Webデザイン→HTML, CSS, JavaScript

みたいな感じで様々な言語があります。

この言語での難易度はかなり差があります。

»【独断と偏見】エンジニアが考えるプログラミング言語難易度ランキング2019

プログラミング初心者が始めやすいのは、

☑️Webデザイン or Web開発 のどちらかです。

よほどの天才でない限り、いきなりAIやるとかスマホアプリ作る!とかは避けたほうが良いです。難易度が全然違います。

もちろん初心者を脱した後に違うプログラミング言語をやることは可能です。

なので、

  • WebデザインならHTML→CSS→JavaScriptの順に学ぶ
  • Web開発ならPHP, Ruby, Pythonのうちどれか1つ

で良いです。

私が大学2年の時に、文系で何も分からずにプログラミングを始めた時はHTMLをやりました。

その後、

CSS→JavaScript→PHP→Ruby→Swift

みたいな流れで、iPhoneアプリの開発にハマり、

現在はアプリ開発エンジニアとして働いています。

今振り返っても、最初からアプリ開発やっていたら、挫折していたかもと思い、怖いです😓

とりあえず、Web開発かデザイン好きな方始めてみることをおすすめします。

詳しくは、»【独断と偏見】エンジニアが考えるプログラミング言語難易度ランキング2019を参考にしてみてください。

【経験あり】プログラミング独学でも挫折しない方法

私の個人的な経験をもとに話すと、プログラミングを挫折しない方法は、

  • 過度に成長を求めすぎないこと
  • 自分なりのいけてるロールモデルを見つける
  • プログラミングをやっている知り合いを作る
  • プログラミングイベントに参加する

などです。

☑️ポイントはモチベーションを保ちつつ、過度な成長を求めず、コツコツ継続することです。

»経験談】プログラミングで挫折しないシンプルな方法

あとYoutubeでの動画学習もかなりおすすめです。Youtube動画学習は初心者がぶつかりやすい挫折ポイントを回避できるのでおすす目です。

»【おすすめ】プログラミング初心者はYoutubeで勉強しよう!

プログラミングを独学で勉強してエンジニアになる戦略

せっかくプログラミングを勉強するなら、給料が良くて、おしゃれなオフィスで、服装自由で、イケてるプロダクトを作っている企業に就職したいですよね。

  • DeNA
  • サイバーエイジェント
  • Yahoo
  • Mixi

みたいな会社です。

実は現在エンジニアの需要が爆上がりの世の中なので、1,2年力をかけて学べば意外と簡単に就職できたりします。

実際私自身も文系未経験で大学2年の頃にプログラミングを始めて、2年間くらい勉強したら余裕でした。

その経験をもとに、独学で人気企業に就職するまでのロードマップを作ったので下の記事を参考にしてみてください。

»【保存版】プログラミング独学で人気企業に就職するロードマップ【必要期間は2年です

おわりに

以上です! いかがでしたか?

今回は独学におすすめなプログラミング言語について話しました。少しでも役に立つような記事になっていると嬉しいです。

本ブログでは他にもプログラミングに関する記事を書いているので参考にしてみてくださいね〜!