【経験談】プログラミングで挫折しないシンプルな方法

プログラミング

こんにちは。仕事でアプリ開発をしたり、週末に気になることを記事にしたりしています。

今回は、

✔️プログラミングで挫折しないシンプルな方法

を、過去の個人的な経験からお話していきたいと思います。

先に簡単に自己紹介をしておくと、

  • ど文系からプログラミングを独学で勉強して、現在はアプリエンジニアとして働いています
  • 個人でアプリ開発数個、メモ系のアプリが一瞬App Storeランキング30位まで行った

みたいな感じです。

私自身ど文系でプログラミングのプの字も知らないで、

たまたま知り合いがプログラミングをやっていたという理由で

なんとなく始めました。

その後、プログラミングを始めて1年ちょっとくらいまでは、本当に色々辛かったです。何度も挫折しかけました。。

  • 毎日何かしらコード書いてるけど実際これ力ついているのかな、、
  • このまま独学でやっててちゃんと就職できるのかな
  • いけてるアプリ作っている会社に就職したい!けど大学でちゃんと習ったわけでもないし、、

みたいなことを色々考え、悩んでいました。

そんなこんなを繰り返しつつ、今はなんとか、楽しくエンジニアとして好きなアプリを開発できています。

本記事では、どうすればプログラミングに挫折せずにエンジニアになれるのかを、私の経験を踏まえ話していきます!

それではみていきましょう〜

✔️本記事の内容

  • プログラミングに挫折しない方法は、どんなに辛くても毎日コードを書き続けること
  • 過度に成長を求めすぎないこと
  • 何を作って良いかわからないは当たり前
  • プログラミングをやっている知り合いを作る

挫折回避①過度に成長を求めすぎないこと

1つ目は過度に結果を求めすぎないことです。プログラミングは、一部の天才を除いて徐々に徐々に力がついてくるものです。

イメージとしてこんな感じの成長の仕方だと思います。

最初は全く成長してる感じがしないので、すごく悩みます。

このままで良いのかとかもっと効率よく勉強する方法はないのかとかですね。

勿論、効率を求めるのとか大切なのですが、個人的な経験から言うと、

もうそういう細かいことはどうでも良くて、

  • 辛くても毎日コードを書く
  • 昨日よりもちょっとでも成長できれば良いと考える
  • 今日できるようになった小さな成長を楽しむ
  • 全てを理解しようとしないこと(超大事)。半分くらい理解できたらOKくらい余裕を持って🙂

これが大事です。

もう断言できるのですが、諦めないで毎日コード書けば、確実に半年後、1年後には成長するし、良い企業にも就職もできます。(DeNA、Yahoo、サイバーエイジェント、楽天とかとか)

私自身、本当に頭が悪く、本当にダメダメなのですが、それでも2,3年継続してやったら、

  • フリーランスで50万円の案件をもらえた
  • ちょうイケイケの会社に就職できた。就活は特に苦戦しなかった
  • 自身もついた

こんな感じになれました。ので本当に今少し挫折しかけている人とかいたら、

とにかく続ける事だけしてください。

他のことは本当にどうでも良いので、ちょっとでも興味のあるコードをとにかくなんでも良いので書くみたいな。

本当に継続は力になります。

挫折回避②自分なりのいけてるロールモデルを見つける

私の場合は、Airbnbという世界最大の民泊サイトのエンジニアのSurabhi Guptaさんとか、

Dropbox(会社)みたいなのに憧れていました(ざっくりですが笑)

なんかおしゃれなオフィスで、世の中にすごい大きなインパクトを与えるエンジニアみたいな

こんなエンジニアに絶対なりたい!と思っていました。

すると、勉強するモチベーションが幾分かつきます👌

かなりオススメなので色々ググって、自分がかっこいいと思うエンジニアとか会社とか見つけてみてください。

かっこいい会社とかいっぱいあるので、いくつか載せておきます。

・Facebookエンジニアの1日をまとめた動画

・Pinterest(SNS)の会社紹介

・Patreon(クラウドファウンディングサイト)のエンジニアの1日をまとめた動画


挫折回避③プログラミングして何を作って良いかわからないは当たり前

とは言っても、何を作って良いかわからないんですって人がいると思います。これで挫折するのは非常にもったいなくて、

作りたいものとかなくても全然OKです👌

ゲーム作りたくてしょうがないんです

とかそういう人はそれで良いのですが、

  • プログラミングって今後すごい良さそうだから
  • エンジニアってなんかかっこいいなあ

とかで始めた人って、これが作りたい!ってないですよね。

私も完全にこれでして、

  • なんかシリコンバレーとかのエンジニアおしゃれでかっこよくていいじゃん
  • もしかしたら自分で起業とかできるかも?

みたいな軽いノリだったので、まあアプリとかwebサイトとか作ってみたいかな??。。

って感じでした。

こういう人にオススメなやり方が、

✔️とにかくいろんなプログラミングをやってみる

です。

具体的には、

  • ゲーム作ってみたい→Unity, Javascript, C#
  • Webサイト作ってみよう→HTML, CSS, Javascript
  • iPhoneアプリ作りたい→Xcode, Swift
  • Androidアプリ作りたい→Android Studio, Kotlin
  • AIとかやってみよう。特にスマートスピーカーとか面白そう→Python, 自然言語処理, 機械学習

みたいな感じです。

とにかく色々やってみる。その中で多少興味があるものを深掘りしてみる。

みたいなやり方オススメです。

挫折回避④プログラミングをやっている知り合いを作る

挫折をしないためにも、プログラミングをやっている知り合いを作るとさらに良いです。

私はたまたま家族や知人がプログラミングをやっていたので色々相談できることがありました。

やっぱり1人で継続して半年、1年、2年って続けていくのはなかなか辛いです。

周りにそう言った人がいない場合は、

  • TwitterなどSNSで交流する
  • 勉強会に顔を出す
  • プログラミングスクールに通ってみる

とかで良いと思います。

»【エンジニア志望必見】プログラミングイベントに参加してモチベーションをあげよう! おすすめイベントサイト3選

それでも挫折しそうなら

それでもなんか色々うまくいかなくて、プログラミングを続けられないみたいな状況になるかもしれません。

その時は一旦やめてしまっても良いかと思います。

一旦自分で、

  • そもそもなんでプログラミングしたいんだっけ
  • 今挫折しかけている1番大きな理由はなんだろうか

などをゆっくり考える時間を作ってみてください。

本当にきつい時はゆっくり考える時間を取るのは勿論ありです。

その上で続けるのか、また別の道に進むのか考えたら良いと思います。

まとめ

以上です。今回は簡単ではありましたが、プログラミングと挫折というテーマで色々書きました。

プログラミングはできるようになったら、色々武器になるとは思いますが、

挫折ポイントもたくさんなので、焦らず自分のペースでちょっとずつ進めていきましょう!