【おすすめ】プログラミング初心者必見!ワークショップに参加するメリットをまとめたよ

プログラミング

こんにちは。エンジニアをやりつつ気になることや学んだことを記事にしています。

今回は、プログラミング学習をしていて、最近ちょっと伸び悩んでるなーとか、独学辛いなーとか、モチベーション保つの厳しいなーとか思っている人向けの記事になります。

本記事の内容:

✔️プログラミング学習者(特にモチベーションが下がり気味)の人がはワークショップに参加すると新しい刺激が得られる

という話をします。

プログラミング勉強しているならワークショップにも足を運ぼう

プログラミング初心者の頃は、モチベーションを保ちつつ、継続してスキルアップしていくことが中々難しいことがありますよね。

私もプログラミングを独学で始めて1年間くらいモチベーションを保つのにとても苦戦しました。

あの手この手を考え、何とかモチベーションを上げようと色々なことを試しました。

具体的には、

  • 作ったサイトを友人や家族に見せ、評価をもらう
  • 人気企業の採用ページやインターンの記事などを読み、自分の働いている姿をイメージする
  • 美味しい食べ物、飲み物でごまかす笑

等々です。

中でもおすすめなのが、今回紹介するワークショップです。

ワークショップは簡単にいうと、

✔️みんなで集まってプログラミングを勉強する

みたいな感じで、具体的には、

  • Ruby on Railsでシンプルなブログを作ろう
  • Swiftを使ってタイマーアプリを作ろう

こんな感じです。

サポーターみたいな感じで、わからなくなったらサポートしてくれるエンジニアがいることが多いので安心して参加できます。

有名なワークショップだと、Rails Girlsとかがあります。

Webアプリ開発用のフレームワーク Ruby on Railsを使って、みんなで一緒に小さなWebアプリを作るイベントです。

全国各地で開催されています。

東京で開催されたイベント。

スケジュール。

中々楽しそうですね。

参考: 非エンジニアの私が「Rails Girls Tokyo 8th」に参加してきました!

プログラミング学習者がワークショップに参加するメリット

私はプログラミングを勉強し始めた頃、iOSアプリのワークショップに参加していました。そこで個人的に思ったワークショップに参加するメリットをまとめます。

①勉強になる

まず当たり前ですが、とても勉強になります。普段個人で書いているコードよりも、もっと綺麗な書き方や新しい知識が得られます。

これは普通に考えれば当たり前で、経験のあるエンジニアが知っていることは当然私よりも多く、学びがあります。

私もSwiftを独学で学んでいたのですが、質問をしてみたら全く考えてもいなかった書き方を教えてくれたりして、感動したのを覚えています。

②有益な情報が得られる

次に有益な情報が得られるなと思いました。

私は、

✔️参加したワークショップで、iOS開発をしている企業から声をかけてもらい、インターンをさせてくれることになりました。その時は独学で勉強していただけだったので、非常にありがたかったです。

その他にも、この会社のエンジニアのレベルが高いとか、あの会社は辞めた方が良いとか、そういう話を聞いたりもしました。

③モチベーションアップ

モチベーションも上がります。特に個人で勉強しているタイプの人はワークショップ参加した方が良いです。

同じような環境にいる友達ができたりして、また頑張って勉強しようという気持ちになります。

おわりに

以上です。今回はワークショップに行くとメリットが多いですという話をしてきました。

モチベーション下がり気味の方とかはぜひイベントを調べてみてください〜〜!

その他参考になりそうな記事↓↓

【エンジニア志望必見】プログラミングイベントに参加してモチベーションをあげよう! おすすめイベントサイト3選

【経験談】プログラミングで挫折しないシンプルな方法